道都大・佐藤峻一投手に巨人、東京ヤクルトが調査書

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 道都大の佐藤峻一投手に巨人と東京ヤクルトが調査書の提出を求めている事をニッカンスポーツが報じた。

 佐藤峻一投手は149kmの速球と鋭いフォークなどで大学選手権常連となっている本格派右腕投手。横浜DeNA・高田GMなどが視察するなど、広島を除くプロ11球団が注目している。

 佐藤投手は既にプロ志望届を提出しており、12球団OKの姿勢を示している。もしかすると外れ1位で名前が出てくるかもしれない佐藤投手に単独1位指名をする球団はあるのか、また外れ1位、2位でどの球団が指名するのか、球団間の駆け引きがありそうだ。

道都大・佐藤峻 巨人&ヤクルトに調査票 - ニッカンスポーツ・コム:2012/09/27

 全日本大学野球連盟にプロ野球志望届を提出している道都大・佐藤峻一投手(4年=北見柏陽)が26日、ヤクルトから調査票の提出を依頼された。25日の巨人に続いて2球団目。同大の山本文博監督(56)によると、広島を除く11球団が興味を示しているという。

 

 佐藤は現在、11月明治神宮野球大会の北海道地区代表を決める東農大北海道との決定戦(10月6日から、網走呼人)に備えて調整中。「まだ大学野球があるので、そちらに集中したい」と話すが、10月25日のドラフト会議で指名されれば「どこでも行きます」と12球団OKの姿勢を表明している。 全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント