2003年のドラフト会議、鳥谷敬、青木宣親など早大野手の黄金時代!

ドラフト制度 選手コラム

 青木宣親選手がブルワーズに移籍することに決まった。青木選手は2003年のドラフト4位でヤクルトに指名されている。この年は早大の選手が目立った年だった。

 ドラフトの目玉は早大の鳥谷敬選手、1年生から活躍し2年生で3冠王に輝いた大型遊撃手だった。西武、巨人、阪神、横浜、オリックス、中日、福岡ダイエー、ヤクルトが自由枠での獲得を狙い、8月には、巨人、阪神、横浜の3球団に絞られた獲得レースは、オーナーの大号令で獲得を目指した巨人だったが、二岡選手もいることから遊撃手としてのポジションの確約がなく、阪神入りが決定した。

 投手の目玉はいなかったものの、高校生では遊学館の小嶋達也投手が注目を集めた。中日が1位指名を目指したが本人が阪神入りを希望し、大阪ガスに進み、2006年に阪神入りをする。

 即戦力の目玉は150kmをマークした近大・糸井投手と高校時にも注目された内海哲也投手だったが、内海投手は巨人入りを希望して社会人に進んでいたため、他球団は手を出せなかった。糸井投手には日本ハムが早くから自由枠を打診しており獲得が決定した。この両球団はこの頃から戦略は変わっていない。

 早稲田大からは、鳥谷選手のほか、青木宣親選手がヤクルト4位、比嘉寿光内野手が広島の3位で、由田慎太郎外野手がオリックス8位で指名されるなど、野手4人がプロ入りを果たした。下級生では3年生の田中浩康が2004年に、武内晋一が2005年にヤクルトに自由枠・希望枠として入団し、野手の黄金時代だった。投手では2005年に巨人入りする越智大祐投手が2年生で投げていた。

チーム自由枠・1位自由枠・2位3位4位5位6位7位以降
横浜吉川輝昭
日本文理大
森大輔
三菱ふそう
牛田成樹
明大
呉本成徳
明大
大阪近鉄香月良太
東芝
吉良俊則
柳ヶ浦
坂克彦
常総学院
新里賢
法大
中本和希
近大
栗田雄介 千葉工大卒
広島東洋白濱裕太
広陵
比嘉寿光
早大
尾形佳紀
ホンダ
仁部智
TDK
オリックス歌藤達夫
ヤマハ
柴田誠也
北海道尚志
嶋村一輝
九国大
野村宏之
近大
松村豊司
立命大
小島昌也 自由ヶ丘
由田慎太郎 早大
阪神鳥谷敬
早大
筒井和也
愛知学院大
桟原将司
新日鉄広畑
小宮山慎二
横浜隼人
庄田隆弘
シダックス
千葉ロッテ内竜也
県川崎工
杉原洋
開星
田中雅彦
近大
三島輝史
大阪桐蔭
成瀬善久
横浜
藤井宏海 福井高
読売内海哲也
東京ガス
西村健太朗
広陵
平岡政樹
徳島商
岩館学
東洋大
山本賢寿
帝京大
佐藤弘祐 東北高
南和彰 福井工大
日本ハム糸井嘉男
近大
須永英輝
浦和学院
押本健彦
日産自動車
稲田直人
JFE西日本
金森敬之
東海大菅生
渡部龍一 札幌第一
ヤクルト川島亮
八戸大
山田裕司
小松市立
青木宣親
早大
吉田幸央
城郷高
佐藤賢
明大
福岡ダイエー馬原孝浩
九共大
城所龍磨
中京高
明石健志
山梨学院大付
榎本敏孝
西淀川高
金子圭輔
志学館
三瀬幸司 NTT西日本中国C
竹岡和宏 ブレーブス3A
中日中川裕貴
中京高
石川賢
八戸大
佐藤充
日本生命
中村公治
東北福祉大
堂上剛裕
愛工大名電
川岸強 トヨタ自動車
小川将俊 日通
西武山崎敏
平成国際大
黒瀬春樹
県岐阜商
松川誉弘
港高
松坂健太
東海大仰星
岡本篤志
明大
佐藤隆彦 フィリーズ1A
杉山春樹 専大卒

 上位指名選手では鳥谷選手が期待通りの活躍を見せ、阪神で遊撃手のレギュラーとして活躍を続けている。内海投手は巨人のエースとして、馬原投手は福岡ソフトバンクの抑えとして1位指名どおりの活躍を見せている。

 下位で注目は何といってもヤクルト4位の青木宣親選手、セリーグで200本安打をマークし、今年メジャーに移籍した。また千葉ロッテが6位でエースとして活躍している成瀬投手を獲得している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント