その他の1位指名選手はどんな選手?パリーグは将来性、セリーグは即戦力投手

小林誠司, 渡邉諒, 大瀬良大地, 岩貞祐太, 鈴木翔太, 吉田一将, 石川歩, 森友哉, 松井裕樹, 杉浦稔大, 柿田裕太, 加治屋蓮

 今年のドラフトは松井裕樹投手、大瀬良大地投手、吉田一将投手のBIG3が中心となった。それ以外選手は厳しい事をいえば例年のドラフトなら1位指名になれたかどうかはわからない。しかし、2012年はドラフト2位の小川泰弘投手と則本昂大投手が大活躍を見せ、ドラフト1位入団選手を上回った。そういう選手が今年もいる。

パリーグ入りした将来のエース候補

 パリーグには東北楽天に松井裕樹投手が入り、再びパリーグにエース候補が入ることになった。さらにオリックスにも吉田一将投手が入り、BIG3の二人が加わった。投手では千葉ロッテは石川歩投手を指名、185cmから150km/hを記録するが先発では140km/h前半のストレートをコントロール良く投げる事ができる。この夏に急成長した投手でまだ成長途中と思う。1年目からすぐにできるかはわからない。

 福岡ソフトバンクの加治屋蓮投手も個人的には高く評価していた投手で182cmから152km/hの速球を投げる。しかしケガなどもあり時間がかかっており、都市対抗でもあと1年したらドラフト上位候補になると見ていた。こちらもまだ育成段階の投手と思う。素質は十分だ。

埼玉西武は森友哉選手を単独

 埼玉西武は森友哉選手を単独指名した。早くより、そして熱意を持って視察をしていたのでこれは予想できた。炭谷捕手の後釜として期待され、しかも、同じ大阪桐蔭出身の浅村栄斗選手や中村剛也選手と共にクリーンナップを打てる選手だと思う。リーダーシップも高く、安楽智大投手などにも慕われ、常勝西武を作る選手かもしれない。松井裕樹投手との対決も楽しみだ。

 北海道日本ハムも3度の抽選を外したものの渡邉諒選手は楽しみだ。打てる大型遊撃手として、松井稼頭央選手や中島裕之選手を越える選手になると思う。

セリーグには即戦力投手が集まる

 巨人に独走を許し、交流戦ではパリーグに負け越しが続くセリーグは、即戦力投手の指名が目立った。広島はリーグ戦の勢いそのままにBIG3の大瀬良大地投手を獲得し、来年以降の勢いもつける形となりそうだ。抽選に外した横浜は柿田裕太投手を、東京ヤクルトは杉浦稔大投手と即戦力投手を指名、チーム力を分析しての補強を埋めるドラフトとなった。

 阪神は2位となったものの巨人との差は大きく、即戦力投手を狙い、大瀬良投手、柿田投手を外して左腕投手不足のポイント解消に方針を変更し、岩貞祐太投手を獲得した。慶大のエースで2007年に大学社会人ドラフトでヤクルトに1位指名された加藤幹典投手にフォームが似ており、やや線が細いところに課題を残すが、左から140km/h後半の速球を投げ、三振を奪う投球からコントロールを意識した勝てる投球を見につけるなど成長を見せている。

巨人は課題克服へ、中日はチーム再生

 今年のドラフト会議は特に成績上位球団は2位で有力選手が残っていない可能性があるため、1位の抽選で外すと大変な事になると予想された。巨人は即戦力投手の獲得を狙い、大瀬良大地投手や吉田一将投手などもリストアップしていたが、単独指名を狙い石川歩投手を指名した。しかし千葉ロッテと競合して獲得できず、ポスト阿部の課題を補強する、日本生命・小林誠司捕手の指名となった。ドラフト2位で残っていたかは分からないため、社会人NO1捕手の指名は納得だろう。

 中日は松井裕樹投手の指名を外すと、聖隷クリストファー・鈴木翔太投手を指名した。地元としている静岡の選手でもあり、将来、球界を代表するエースになる可能性がある投手で、セリーグで唯一将来性を評価しての指名となった。谷繁監督、落合GMの長期政権が予想され、チームの若返りと図るまず一歩となった。

来年の新人王候補は?

 小川投手、則本投手のような活躍が期待できる選手は、と言われると、吉田一将投手か大瀬良大地投手となるだろう。即戦力ならば高校卒3年目だが今年シーズンを通して活躍してきた柿田裕太投手も入ってきそうだ。

 石川歩投手、加治屋蓮投手はまだ成長途中で将来性に期待したいし、杉浦稔大投手はケガの後にフォームをくずしている事から、まずは昨年の秋の状態に戻す事ができるかとなる。


PAGE TOP