大谷翔平投手に11球団+MLBスカウトが視察!

大谷翔平, 花巻東

 昨日、春季高校野球大会の利府戦で9安打11奪三振、1失点完投勝利を挙げた花巻東・大谷翔平投手に、国内11球団とメジャーリーグのスカウトが視察をしたとのこと。

 昨日は9安打を浴びるなどまずまずの投球と言ったところで、序盤はストレート中心、終盤は小さなスライダー、フォークを中心に投げた。課題の制球も四死球は2とセンバツ時からは落ち着いているようだ。また大谷選手は打撃でも注目されるが、「ピッチャーの方が楽しい」と話しているようであくまでも投手を希望しているようだ。

 視察した球団のうち常に大谷投手のピッチングをマークしている北海道日本ハム・大渕スカウトディレクターは「真っすぐ一辺倒のピッチングじゃない。1回から9回まで、いろんなステップで投げられる。ストーリーができる。先発投手として重要なポイント」と話し、投手としての高い評価を示した。

 ドラフト1位は間違いない素質を持っている。あとは実戦での結果というところで、夏の大会の活躍では指名重複球団が増えていくだろう。北海道日本ハムはほぼ確実に大谷投手を指名すると思われる。

  • 高校生投手のドラフト候補一覧!
  • 大谷、1年ぶり完投!11球団+ドジャースのスカウト来た…春季高校野球東北大会 - 
    スポーツ報知:2012/06/08

     やっぱりマウンドがよく似合う。大谷にとってこの春、3回目の公式戦先発。「(打たれた)ヒット数は多かったですが、狙って三振を取ることもできた」。6回1死から3連打で1点を失うなど、9安打されたが、奪った三振は11個。直球は自己最速タイの151キロをマークし、課題だった四球も2つだけ。今年の公式戦9試合目で、初めて投手以外を守らず試合を終え、「ピッチャーの方が楽しい」と目を輝かせた。

     序盤は直球中心で、後半は小さく曲がるスライダーとフォークを主体とした投球。「打者の対応も変わってくる。狙い球を変えないといけない」。この日、スタンドには国内11球団と米大リーグ・ドジャースのスカウトが集結。大谷の投球術に日本ハム・大渕スカウトディレクターは「真っすぐ一辺倒のピッチングじゃない。1回から9回まで、いろんなステップで投げられる。ストーリーができる。先発投手として重要なポイント」と評価した。 全文はスポーツ報知をご覧ください。

    花巻東・大谷最速151キロ11K/高校野球 - 
    ニッカンスポーツ・コム
    :2012/06/08

     怪物が復活! 今秋ドラフトの超目玉、花巻東(岩手)・大谷翔平投手(3年)が、公式戦では約1年ぶりとなる完投勝利を挙げた。自己最速タイの151キロをマークし、利府(宮城)相手に8回(コールド)128球を投げて9安打1失点11三振。今春センバツで見られた、フォームの崩れが原因の制球難も解消され、四死球もわずか2つと最後まで安定感があった。

     1カ月後に迫った夏の開幕に向け、大谷のエンジンがかかり始めた。公式戦登板は今春2度目。岩手県大会の専大北上戦では、12三振を奪いながら、力みからフォームを乱して7四死球と荒れたが、この日は最後までしなやかに投げ続けた。「球速を出しているつもりはない」と言いながら、低めでも伸びる直球は、自己最速タイの151キロをマーク。日米12球団のスカウトが熱視線を送る中、センバツ時の150キロを上回る公式戦最速をたたき出した。 全文はニッカンスポーツ・コムをご覧ください。


    PAGE TOP