オリックス、小松聖投手コーチがスカウト就任

2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは、小松聖投手コーチがスカウトに就任することがわかった。

スポンサーリンク

2006年希望入団枠

小松聖氏は福島県の勿来工高校出身で、国士舘大を経てJR九州に進むと、2年目には都市対抗ベスト4入りに貢献し、2006年のドラフト会議では希望入団枠でオリックスに入団した。

プロでは2年目にいきなり15勝3敗の成績をのこし、圧倒した評価で新人王に輝いた。しかしその後は故障などにも悩まされ、2016年まで10年間プレーをして25勝で現役を終えている。翌年の2017年に2軍コーチ、今年は1軍コーチとなったが、昨日、コーチとして契約をしないこと、スカウトに就任することが発表された。

オリックスは今年まで北海道を担当していた佐藤真一スカウトがヤクルトのコーチに就任する予定で、そうなると東北・関東を担当していた上村スカウトが出身の北海道になり、小松氏が出身の東北を担当する事になるか。

投手コーチとして指導をした3年間でチームの投手陣の力を十分把握していると思うので、それをスカウトに活かして好選手を獲得したい。

オリックスバファローズのドラフト指名予想
オリックスバファローズ公式ページ オリックスバファローズ ドラフト掲示板 オリックスバファローズの過去のドラフト指名 オリックスバファローズの最新ドラフト関係記事 以前のニュ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント