中日スカウトのセンバツ総括、投手は小園、木村、代木、野手は高木、前川、大塚の名前挙がる

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

中日の米村チーフスカウトは、センバツ大会で評価した選手を紹介している。

スポンサーリンク

中日スカウトの評価

米村チーフスカウトが評価した選手は次の通り。

市和歌山・小園健太投手
「内角に行かず、無難な投球になってしまった点は課題。変化球も上手。魅力的」

北海・木村大成投手と明徳義塾・代木大和投手
「コンスタントに直球が140キロを超えてきたら面白い」

県岐阜商・高木翔斗捕手
「打者として上位候補」

智弁学園・前川右京選手
「長距離砲の角度だった」

その他に、1球ごとに守備位置を変える、東海大相模の大塚瑠晏選手の名前を挙げた。

全体的には「コロナの影響で、練習が十分にできていない印象を受けた」と話す。ホームランが非常に少なく、投手も150キロを超えてくる投手が出ていない。そのため、「この春の結果でリストから外すことはない。長い目で見ていきたい」と話した。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021センバツ高校野球大会の対戦カードと注目選手一覧
3月19日から行われるセンバツ高校野球大会の、対戦カードと注目選手の一覧です。

野手では県岐阜商・高木、智弁学園・前川、東海大相模・大塚らの名前が挙がった。高木は「打者として上位候補」と打力を評価。前川は初戦無安打だったものの、8回に放った右飛を「長距離砲の角度だった」とうなった。遊撃手の大塚は1球ごとに守備位置を変える頭脳と強肩を買った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント