北海道日本ハム、近大・佐藤輝明選手を最高評価、ドラフト1位指名可能性

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムは、近畿大・佐藤輝明選手もドラフト1位指名の最有力候補であることが分かった。

スポンサーリンク

野手もあると思う

北海道日本ハムはこの日、関西学生野球リーグの近畿大戦を、吉村GM、遠藤GM補佐、加藤スカウトの3人態勢で視察をし、加藤スカウトは「あの体にしては動けるよね」とコメントしている。

日本ハムは昨年末に、吉村GMが「野手もあると思う。大卒三塁手とか」と話し、名前こそ挙げなかったものの、佐藤選手を高く評価をしていた。北海道日本ハムはその年のNO.1の選手をドラフト1位で指名するが、早大・早川隆久投手、トヨタ自動車・栗林良吏投手もNO.1投手として評価する中で、佐藤選手も1位候補として最後まで残る。

北海道日本ハムは2023年に新球場「エスコンフィールド北海道」が開業予定で、札幌ドームに比べて右中間、左中間が狭くなり、ホームランが出やすくなる。パリーグは元々広かった各球団の球場も、観客席を前に作るなどして狭くなっている傾向にあり、ホームランを打てる打撃のチームが有利となっている事もある。

北海道日本ハムも中田選手や若き清宮選手などがいるが、内野の強打者として佐藤選手を加える事で、さらに打撃の強化をしていく可能性は十分ある。

北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズの過去のドラフト 北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事 以前のニュー...

近未来を見据えても、チームに欲しい強打者だ。23年春に北広島市内に開業予定の「エスコンフィールド北海道」は、球団によると球場規格が、ややコンパクトになることが想定されている。札幌ドームと比べて、両翼100メートルは変わらないが左中間や右中間が狭くなるもよう。実現すれば打者有利の本拠地となる。パワー、スピードが売りの佐藤が躍動しやすい、大きな環境変化を控えることも、1位入札選手を決める大きなファクターとなりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント