埼玉西武、編成会議!6人の指名を計画!花巻東・大谷翔平投手に既に接触!

大谷翔平, 花巻東

 埼玉西武は26日に編成会議を開き、候補を60人程度に絞り込んだ模様。鈴木球団本部長は有力選手について「だいたい入っている」と話したものの1位候補についての名前は明かさなかった。

 ドラフト1位候補に入っていると見られる花巻東・大谷翔平投手については、1週間前に水沢英樹スカウトが既に花巻東を訪れ、あいさつを済ませているとの事。

 またドラフトの指名人数については、順調に行けばドラフト会議で6人、育成ドラフトで1人の合計7人を指名するとの事。具体的な人数も決まっており、かなり細かいところまで既に話し合われているようだ。

 埼玉西武はセンバツの時は大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を高く評価していた。大谷翔平投手にもマークが付いており、この二人は他球団同様に1位候補。ただし、昨年のようにドラフト直前に十亀剣投手を決定するなど、今年もドラフト直前まで公表しないようだ。

 2009年は菊地雄星、2010年は大石達也と、6球団競合の選手を抽選で引き当てた渡辺久信監督の強運を発揮する機会があるのか、ドラフト直前まで注目だ。

西武、大谷へあいさつ - スポーツナビ:2012/09/26

 西武は26日、埼玉県所沢市内でドラフト会議へ向けての編成会議を開いた。鈴木球団本部長は「候補を60人ぐらいに絞り込んだ。(有力選手は)だいたい入っている」と手の内を隠した。同本部長によると、目玉の一人となる岩手・花巻東高の大谷については、既に担当スカウトが同校を訪ねてあいさつを済ませた。


PAGE TOP