東京ヤクルト、外れ1位は投手指名

東京ヤクルトはドラフト1位で清宮幸太郎選手を指名する事を決定しているが、外れ1位では投手を指名、日立製作所の鈴木康平投手が最有力。

外れ1位は投手指名

東京ヤクルトは外れ1位の選手をリストアップ、1年目からローテーション入りできる投手として、日立製作所の鈴木康平投手が最有力とのこと。また、立命館大・東克樹投手、中央大・鍬原拓也投手をリストアップした。

また、補強ポイントである左腕投手について、高校生左腕投手にも注目をしており、「今年は二人しかいないでしょう」と球団関係者が話し、秀岳館の田浦文丸投手、日大三・櫻井周斗投手が指名候補に入っている事が分かった。

東京ヤクルトは全体で7,8人を指名する。ドラフト1位は清宮選手で、小川SD兼監督が抽選に臨む。


PAGE TOP