ヤクルトがドラフト4位指名の宇部工・小森航大郎選手と、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約、背番号59

東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東京ヤクルトは、ドラフト4位で指名した宇部工の小森航大郎選手と、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約を交わした。背番号は59。

スポンサーリンク

母に車をプレゼント

小森航大郎選手は50m5.9秒の俊足を持つ遊撃手で、172cm83kgと体重もあり高校通算26本塁打を記録している。肩の強さも評価され、近年、遊撃手を集めている東京ヤクルトがドラフト4位で指名した。

小森選手は「練習量と質では誰にも負けないようにやっていきたい。へたくそな選手だと思っているので泥臭さや人を巻き込むプレーをみせられるようにしたい」と話した。

また、契約金については、「母に車をプレゼントします。母が使っている車が、キュルキュルと音がなるんです」と話し、早速、親孝行をする。

東京ヤクルトは2019年のドラフト5位で長岡秀樹選手、6位で武岡龍世選手の2人の遊撃手を指名し、昨年は4位で大学生遊撃手の元山飛優選手を指名した。高校生の2人はファームで結果をみせ1軍でもプレーをし、元山選手もルーキーイヤーで1軍でプレーし、優勝の一端を担った。

池山選手、宮本選手という球界を代表する遊撃手がかつていたものの、ここ最近は長年、遊撃手が補強ポイントとなっており、将来、遊撃手が課題と言われないために、この3年で補強を続けている。

小森選手は足を使えてパンチ力もあるタイプで、1番ショートとして1軍に出場できる選手になりたい。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
東京ヤクルトスワローズのドラフト指名予想
東京ヤクルトスワローズ公式ページ 東京ヤクルトスワローズ ドラフト掲示板 東京ヤクルトスワローズ、過去のドラフト指名 東京ヤクルトスワローズのドラフト関連最新記事 以前のニュ...

172センチ、83キロの体格で俊足強打の右の遊撃手。高校通算26本塁打をマークした長打力と肩の強さ、50メートル走5秒9の脚力と三拍子揃った逸材だ。契約金の使い道を聞かれると「母に車をプレゼントします。母が使っている車が『キュルキュル』と音がなるんです」と笑みを浮かべた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント