大学日本代表、東京ヤクルトファームに6-0で快勝!

東京ヤクルトドラフトニュース プロアマ交流戦 2015年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 大学日本代表が東京ヤクルトのファームと対戦し、5番・福岡大・梅野隆太郎捕手が3安打2打点の活躍を見せるなど6点を挙げると、法大・石田健大、愛知学院大・萩原大起、明大・山崎福也、東海大・猿川拓朗の4投手が完封リレー、6-0で快勝した。

 大学日本代表は3回に上武大・三木亮選手のヒットでチャンスを作り4番・富士大・山川穂高のポテンヒットで繋ぐと、5番の梅野捕手がレフトへ2点タイムリー2ベースを放ち突き放すと、4回には中大・二十八貴大選手の2点タイムリー3ベースで6-0と試合を決定付けた。

 この試合で活躍を見せたのは、捕手で5番を打つ「打てる捕手」の梅野選手、3回のタイムリー2ベースのほか、4回にヒット、7回にも2ベースヒットを放ち3安打、2本の2ベースヒットをプロの投手から放った。捕手でこれだけの活躍を見せられれば来年のドラフトは上位に入ってくるだろう。

 また遊撃手の上武大・三木亮選手も2番に入りスクイズは失敗したがヒットや犠打、そして守備でも好プレーを見せて勝利に貢献した。こちらも来年のドラフトに向けて楽しみな選手だろう。

 投手では先発した法大・石田投手が145kmを記録、3安打を打たれるも要所を締めて3回無失点、3番手の山崎投手が2回をノーヒット2奪三振と結果を残した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. わたしは普通の携帯からこのサイトを見させていただいていますが、昨日から変わってしまい、携帯からは非常に見づらくなってしまいました。
    最新記事を見たい場合、もの凄く下まで画面移動しなければならなくなり、画面切替時も毎回もの凄く下まで画面移動しなければならない。(携帯からはつらい)
    PC用なのかもしれませんが、わたしも毎日ここを楽しみにしていました。
    携帯使用者にも優しい画面構成をお願いします…m(_ _)m
    最新記事をすぐに閲覧できコメントしやすかった以前へ戻していただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。