近大・中後悠平投手、阪神相手に2失点も4回を6奪三振!

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

 今年解禁されたプロ野球VS大学生のオープン戦、巨人VS中大に続く2戦目として阪神VS近大が対戦した。

 注目のドラフト1位候補左腕、中後悠平投手は4回を投げて5四死球、浅井選手に2ランを打たれるなど2失点をしたものの、144kmのストレートで3者連続を含む6奪三振を記録し、プロにも通用する事が証明された。
 日米9球団のスカウトが視察に訪れるなど注目度も高く、ドラフト戦線の台風の目になりそうな感じもする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント