東大・井坂肇選手、145km右腕が快投を見せる!

井坂肇, 東大

 東京大学に145kmをマークする投手がいる。日比谷高校出身の井坂肇投手は中学までサッカー部でプレーしていたが、中目黒シニアで野球を始めると都立日比谷高校ではエースとして戦った選手。2010年秋のリーグ戦、早稲田大戦では初戦で斎藤佑樹から勝利をもぎ取った第2戦目の8回2アウトから急きょリリーフ登板しいきなり145kmをマークし球場を沸かせた。その後は失点を重ねてしまったが、東大からプロを狙える本格派投手だ。


  •  - 

  • PAGE TOP