阪神、早稲田実の清宮幸太郎選手を来年ドラフト1位指名へ

清宮幸太郎, 早稲田実

阪神は来年のドラフト会議で、早稲田実の清宮幸太郎選手を1位指名することが基本方針となっていることが分かった。球団関係者が「今の段階で清宮君以外を指名することは考えにくい」と話した。

清宮幸太郎選手の1位指名

球団関係者は「今の段階で清宮君以外を指名することは考えにくい。1位候補ではない。1位でいくということ。」と話し清宮選手をドラフト1位指名することを決めていることを明かした。球団内ではすでに意見交換を重ねており、阪神は2015年に高山俊選手、2016年に大山悠輔選手と2年連続で野手の1位指名が続いているが、3年連続の野手の1位指名もOKと結論を出している。

それを受けて畑山統括スカウト補佐が清宮選手と、履正社の安田尚憲選手を担当するなど、二人を中心に阪神の将来を担う主軸選手の獲得に動き始めていたが、清宮選手の指名が基本線という事だ。

清宮選手を有力とした事について、その球団関係者は「甲子園のスター。お客さんをあれだけ集められる力がある」と話し、また別の関係者も「話題性もある」と、清宮選手の注目度の高さについても評価をしているという。

清宮選手の父親でラグビー・ヤマハ発動機の監督である克幸氏は阪神ファンであることが有名で、その縁も生かして将来の4番の獲得を狙う。

清宮選手中心のドラフト

今のところ、北海道日本ハムや巨人、横浜DeNAが清宮幸太郎選手に強い興味を示していることが明らかとなっており、これらの球団は来年のドラフト戦線は清宮選手を中心に活動していく事になる。

阪神は来年の練習初めにスカウトを派遣するかどうかは決めていないというが、阪神も畑山統括スカウト補佐を中心に清宮詣でをする予定とのことで、阪神も清宮選手中心のドラフトとなる。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

来秋のドラフト会議に向けて、阪神の基本方針が明らかになった。清宮を1位指名へ-。高校No.1スラッガー獲りを、球団首脳が認めた。

 「今の段階で清宮君以外を指名することは考えにくい。1位『候補』ではない。1位で『いく』ということ。甲子園のスター。お客さんをあれだけ集められる力がある」


PAGE TOP