阪神がドラフト1位で投手を指名するには?

伊藤隼太, 慶大

阪神が東洋大・藤岡貴裕投手や東海大・菅野智之投手など投手を指名するにはどうしたらいいか。

まず外野手を世代表で見ると、外野手の層が非常に薄い。若手で藤川、甲斐、柴田、野原などがいるが、なかなかレギュラーを奪うような活躍を見せず、外野手を補強ポイントとした。

選手を補強するには、ドラフトかFA、トレード、外国人の獲得だが、外国人の獲得については根本的な解決にはならない事が多い。最も良いのは他球団の主力を獲得できる可能性の高いFAだが、外野手に関しては候補が少ない。城島の時のようにインディアンスに移籍した福留孝介を獲得する、または横浜の村田修一や広島の栗原健太などの内野手の大物を獲得して新井を外野に回すなど、いずれにしても可能性は低い離れ業になる。

トレードとなるとパリーグが候補となりそうで、どこの球団も外野手の層はそれほど厚くなく、清田、伊志嶺、岡田が揃う千葉ロッテの大松あたりが候補となるも、サブロー(大村)を巨人に出してそれほど余裕はない。また大松選手を取るとなると相当の選手(投手?)を出す必要が出てくる。

最後にドラフトで2位以降で即戦力が取れないかどうかだが、1年目から活躍できると言い切れる選手は少ない。また現場からは高校生投手の獲得の要望が挙がっている。

そういう点から、競合の可能性はあるとはいえ、やはり慶大・伊藤隼太選手をドラフト1位指名するのではないかと思う。

阪神はドラフト1位で誰を指名するべきかのアンケート結果

アンケートは右サイドバーにあります。是非投票してください。

[poll id=”4″ type=”result”]


PAGE TOP