阪神、東福岡・森雄大投手を1位候補に!

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 阪神が東福岡・森雄大投手を1位候補に加えた。球団首脳の話しとして「藤浪晋太郎、大谷翔平と同じくらいの実力がある、赤川(2009年東京ヤクルト1位)の高3の時より上」と評価、1位指名リストに加えたとのこと。

 阪神はこのところのドラフトで抽選で外すことが多く悔しい思いをしている。昨年は他球団が高校生投手を指名する中、伊藤隼太選手を単独1位指名で獲得するなどチーム事情を優先し独自路線のドラフトだった。今年は投手の1位指名が確実視されているが、東浜巨投手や藤浪晋太郎投手、大谷翔平投手などのドラフトの超目玉には当然他球団も指名してくると見られ、これらの投手と同等の力を持つが他球団の評価が高くない投手の指名を狙う上でも森投手は絶好の選手だろう。

 またチームの状態でも今は能見、岩田に榎田と左腕が多いように見られるが若い選手では、秋山、歳内、松田と右腕投手が多く、将来の左右のバランスを考えて高校生なら左腕投手の指名が考えられる。

 阪神のドラフト指名予想としては、1位で投手(おそらく高校生)、2位で捕手と思うが森投手を単独で指名し獲得できたら、将来が楽しみになってくる。

ドラ1に東福岡148キロ左腕・森が浮上…阪神 - スポーツ報知:2012/07/14

 阪神の今秋ドラフト1位の筆頭候補に、東福岡・森雄大投手(17)が急浮上したことが13日、分かった。12日の福岡県大会2回戦で3回2安打無失点に抑えた左腕について、球団幹部は「赤川(宮崎商~ヤクルト)の高3の時より上」と、09年に1位入団した高卒4年目左腕と比較し、最大級の評価を与えた。

 高校生では、センバツ優勝投手の大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(18)や花巻東・大谷翔平投手(18)が最上位候補となっていた。しかし、球団首脳は「2人と同じぐらいの実力がある。(1位指名も)ありえる」と、新たに1位指名リストに加えたと明言した。

 阪神が森を最有力候補とする大きな理由のひとつは、左腕で身長184センチ、MAX148キロの直球を投げるなど抜群の素材を誇りながら、これまでは藤浪に大谷、亜大・東浜巨投手(22)らほどの熱視線を浴びてこなかったことにある。過去、ドラフトでは抽選で12連敗しており、関係者の中には「なかなかくじが当たらないから」と、一本釣りを狙う考えもある。苦い過去を繰り返さないためにも、もってこいの逸材と言えるのだ。 全文はスポーツ報知をご覧ください。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント