北海道日本ハムドラフト1位・大谷翔平選手、今日5番投手で出場

北海道日本ハム球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 二刀流への挑戦を続けている北海道日本ハムのドラフト1位・大谷翔平選手、今日の広島戦で5番投手で先発する。

 いよいよ二刀流としての実戦デビューとなる。打撃では5番を打ち打率.328を記録、11本の2ベースヒットを放つ活躍を見せている。また投手では先日の中日戦で初勝利を飾るなど1勝0敗、防御率4.50となっている。今日は交流戦でセリーグ・広島の主催ゲームの為、DH制は無い事から大谷選手が先発出場すれば打席に立つ事になるが、投手としては異例の5番で出場する事になる。

 DH制の無い試合では、9番を打つ投手の打席は1アウトを与える事になるが、大谷選手の二刀流によって1番から9番まで気が抜けない打線となり有利となる。

 大谷選手は 「セ・リーグが相手ですし、相手の投手も打席に立つのであまり変わらない。いつも通りいければいい」と話しながらも「自分で自分を助けられればいい」と打撃での自信も見せた。もし降板したときにライトに回るのだろうかなど興味はたくさんあるが、試合に注目したい。

 日本ハム・大谷翔平投手(18)が18日の広島戦(マツダ)で二刀流デビューする。広島への移動日となった17日、栗山監督は「5番の可能性がある。打つ方で結果を残している訳だから」と断言。「5番・投手」で先発出場することが濃厚と見られる。登板3戦目で初めて打席に立つルーキーは「自分で自分を助けられればいい」と、「打者・大谷」の一打で「投手・大谷」を援護すると宣言した。

 ―投手として打席に立つのは高校以来となる。

「セ・リーグが相手ですし、相手の投手も打席に立つのであまり変わらない。いつも通りいければいい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント