巨人・菅野智之投手が7回5安打9奪三振1失点好投、野村祐輔投手、藤岡貴裕投手に挑戦

菅野智之, 野村祐輔, 藤岡貴裕

 プロ野球界ではルーキーの活躍が目立っている。巨人・菅野智之投手がプロ初先発すると、7回を5安打9奪三振で1失点の好投を見せた。

 試合序盤から140km/h中盤のストレートを軸に三振を奪っていく。プロでもストレートで十分勝負ができると思える球だった。東海大時代は150km/h中盤も記録していたが球速表示は違うものの球威は変わっていない様に見える。また持ち前の制球も良く、スライダー、ワンシーム、フォークなどの変化球も有効だった。

 1年間待った巨人入りだった。東洋大・藤岡貴裕投手(2011年千葉ロッテ1位)、明治大・野村祐輔投手(2011年広島1位)とBIG3と言われた。しかし186cmの体から157km/hを投げ、コントロールも変化球も良く、評価は二人よりも上だったと思う。

 昨年、1年早くプロ入りした野村祐輔投手が9勝を上げ、藤岡投手も6勝を挙げた。まずはこれ以上の勝ち星を挙げたいし、1年間の遅れを取り戻して勝ち星で二人に並ぶには、2倍の成績を残さなければならない。もちろん、二人も勝ち星を伸ばしていくだろう。BIG3のこれからに注目だ。

 

 直球逆球「思わず」 手応えがあったから、自然と笑みがこぼれた。菅野はベンチで原監督から降板を告げられると、すっきりした表情で汗を拭った。プロ初先発で7回5安打1失点。「初登板は人生で1回だけなので、楽しんで投げようと思っていた。本当に楽しかった。改めてジャイアンツに入って良かったなと思いました」。初勝利はお預けとなったが、実力を証明した。

 

 初球は146キロの外角高め直球で、安部から空振りを奪ったが、捕手・阿部の構えは内角だったため、苦笑いした。「逆球になったので、思わず顔に出てしまいました。もっとガチガチに緊張すると思ったんですけど、不思議といつも通りの状態で投げられました」。4回2死二塁から松山に内角カットボールをバットを折りながらも右前に運ばれ初失点。それでも6回1死一、二塁は2者連続の空振り三振に仕留めた。キレのある直球と多彩な変化球を操った103球のプロ初登板は、最少失点で踏ん張った。東海大4年の11年11月2日以来、514日ぶりの公式戦だったが、スタミナも問題なかった。

 

 憧れの巨人でプレーするため、昨年は浪人生活を送った。公式戦に投げられない日々は予想以上に苦しかった。「達成感がまったく得られなかった。毎日が自己満足だった」。巨人の試合を録画して何度も見て、気持ちを奮い立たせた。「趣味は野球でした」


PAGE TOP