高校日本代表、田口麗斗投手、山岡泰輔投手、安楽智大投手など継投決まる

高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 18Uワールドカップの日本代表チームの投手リレーの形も決まってきた。

 この日の先発は常総学院の飯田晴海投手、カーブ、スライダー、カット、フォーク、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球を操り4回2安打無失点と好投したものの、「打たれた球は甘かった。捕手の構えたところに投げないと」と話しまだまだ反省をしていた。

 甲子園で北照を完封、仙台育英、福井商戦で1失点完投、前橋育英戦でも9回まで無失点に抑えていたエースは、大学生相手の好投にも満足せず、甲子園で相当自信を深めたようだ。18U本戦では振り回してくる相手に対して登板しそうだが、効果的に変化球が使えるか楽しみだ。

 また2番手では西の松井と評される新庄・田口麗斗投手が登板し2回を1安打無失点に、また3番手では広島大会決勝で田口投手と延長15回を投げあった山岡泰輔投手が連投し1回1安打無失点とまずまずの投球を見せた。田口投手は「自分の球を投げれば打たれる気はしない」と話し、2試合連続でリリーフ登板した山岡投手も「ピンチの方が楽しいので、ピンチの場面の登板も大丈夫です。」と話した。

 そして8回には岩国商・高橋由弥投手が登板し、2安打を許して代表チームの初めての失点をしてしまうが、9回は安楽智大投手が連投し1つの振り逃げを含む3三振を奪って締めた。安楽智大投手はこの日は最速は144km/hもストレートのキレと制球を意識し、そのストレートで空振り三振を奪っていた。福岡ソフトバンクの宮田スカウト部長補佐は「今日は非常に制球に気を配って投げていた。押さえとして十分通用するとおもう」と話した。

 2試合連続9回に登板した安楽投手、西谷監督も抑えとしての役割を任せる予定だが、巨人・藤本スカウトも「このメンバーでは一番適している。連投が利くのとスピードボールがあるから」と話した。リリーフで活躍するために高橋光成投手からフォークボールを教わりたいと話していた。

 本戦では先発に松井裕樹投手、飯田晴海投手、田口麗斗投手、高橋光成投手、リリーフ陣で右の山岡泰輔投手、左の高橋由弥投手、リリーフに安楽智大投手という事になりそうだ。ただし、7人しかいない投手陣だけに、田口投手や高橋投手のリリーフ登板もありそうだ。

 4回を被安打2、2奪三振。無失点にまとめた右腕だが、「打たれた球は甘かった。捕手の構えたところに投げないと」と反省を口にした。カーブ、縦、横のスライダー、カットボール、フォークボール、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球も操る飯田は「自分の力を最大限に発揮して世界一の目標に向かいたい」と結んだ。

 安楽がマウンドに仁王立ちした。2点リードの9回から登板。先頭を落差のあるスライダーで空振り三振。ワンバウンドを若月健矢が捕球できずに、振り逃げで走者を出したが、そこから直球で2者連続Kを奪った。1イニングを3者三振だった26日の関大戦から6者連続。最後の打者は中飛に打ち取った。「真っすぐが走らなかった」と言うように最速144キロ止まりも「スライダー主体でいけた」と満足げな表情を見せた。

 2戦連続の守護神起用で、課題も見えてきた。プロで抑えといえば「大魔神」こと元横浜・佐々木主浩氏の名が挙がる。「(クローザーなら)一番は三振を取ることが大事。でも、自分は佐々木さんのようなフォークがない」

 そこで、頼ったのは同じ2年生右腕。フォークを武器に夏の甲子園を制した前橋育英(群馬)の高橋光成(こうな)から握りを教わった。試合では封印したが「ハマれば簡単に覚えられると聞いた。大会中に覚えたい」と、世界仕様の決め球として試行錯誤する考えだ。

 守護神に一番求められるのは点を与えないこと。安楽の最速は144キロ。それでも無安打無失点で試合を締めた。  「抑えは重要な役割。先発も点を取られたらいけないが、抑えは1点も許されない状況で送り出される。きょうは制球を重視した」

 前日の関大戦は5―0の9回から登板。大量リードがあったため、最速153キロで見逃し三振を奪うなど全力投球し、3者連続三振で締めた。しかしこの日はわずか2点のリード。四死球で無駄な走者を出すことは命取りになる。だから、球速を抑えて制球を重視した。3番・中島をスライダーで空振り三振に仕留めたが、捕逸で振り逃げ。いきなり無死一塁となったが、「走者を警戒しながら腕を振った」と続く4番・福本は141キロ、5番・松原は137キロの直球で空振り三振。これで前日から6者連続三振だ。最後の打者は中飛に仕留めた。

 現時点で西谷浩一監督は安楽の起用法を明言していないが、視察に訪れた巨人・藤本茂喜スカウトは「このメンバーの中では一番(抑えに)適している。連投が利くのと、スピードボールがあるから」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント