18Uワールドカップ、吉田雄人選手が2安打、園部聡選手が2打点、第1ラウンド打撃成績

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 18Uワールドカップ、カナダ戦は4点差を逆転勝利し、打線でも光る活躍を見せた。

 1-5となった3回、2アウト満塁の場面で5番・園部聡選手がレフト前に2点タイムリーヒットを放った。18打数4安打で打率.222ながらもしっかりしたスイングができており、引っ張って強い打球を打てている。この打撃を続けて欲しい。また1番の吉田雄人選手は3打数2安打でチャンスを作った。

 4番の内田靖人選手は3打数0安打だったが、四球で出塁して2塁まで進むと、相手内野手のエラーの間にセカンドから一気にホームインするなど、チームの勝利に貢献するプレーを随所に見せた。4番を打ち19打数4安打で打率.211だが、3番・森友哉選手を敬遠したくないような雰囲気を持っている。調子が良くなくても4番打者だ。

 竹村春樹選手が走塁で右足を痛めて病院に運ばれた。MRIでは異常なしと言う事でひと安心だが出場は微妙な状況。ただし、日本には奥村展征選手や渡辺諒選手、熊谷敬宥選手、逸崎友誠選手などがいる。打撃でも若月健矢選手や岩重章仁選手、上林誠知選手も控える。層の厚さで第2ラウンドを勝ち抜きたい。

選手打数安打打点本塁打打率
森友哉179121.529
森龍馬14630.429
吉田雄人15630.400
竹村春樹10440.400
渡辺諒18620.333
奥村展征16520.313
園部聡18440.222
内田靖人19420.211

 

  内角に切れ込むスライダーを逃さなかった。1―5と4点を追う3回2死満塁。2球目の121キロを左前に運んだ。これで2者が生還。「1試合目(1日の台湾戦)から、いい感覚でバットが振れています」。逆転勝利へと導く大きな一打だった。

 普段の試合とは違う木製バットの対策として上からたたきつけ、低いライナー性の打球を心掛けているという“右の大砲”。「走者を残さない、という気持ちだった」と思い通りの打撃に声を弾ませた。

 28日に台湾入りしてから、開幕が雨のため2日間もずれた。狭い室内の練習で時間も限られるなか、体重は96キロまで増えた。食事を野菜中心に切り替え、就寝前には体幹トレーニングを多めに実行。「キレを出すトレーニングも増やしたので、94キロまで戻りました」と、5日からの2次Rへ万全だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント