【高校野球】滋賀大会:ドラフト注目度B

大村涼兼, 小川良憲, 佐々木将人, 中嶋優佑, 岡田勝造, 殿城雄大, 木村泰誠

 高校野球滋賀大会、毎年素晴らしい素質を持った選手が登場する。また東北楽天・則本昂大投手(八幡商出身)のような投手も登場し目が離せない。

 今年もプロが注目している選手が何人もいる。ドラフト上位候補はいないためドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は彦根東が優勝、昨秋は近江兄弟社、そして今春は北大津が優勝し、戦国時代となっている。また近江高校、滋賀学園、比叡山高校など名のあるチームがそれぞれ戦力を充実させているようだ。

 組合せでは北大津のブロックにノーシードから近江兄弟社が入り、前半の山となりそうだ。

 

プロ注目選手

 昨年活躍を見せた近江兄弟社の佐々木将人投手と、滋賀学園の左腕・中嶋優佑投手、そして北大津の大村涼兼投手にプロが注目している。

 佐々木投手は180cmから伸びるストレートが魅力で140km/hを記録し、変化球も緩急を使えるカーブや小さく曲がって打たせて取るカットボールなどを正確なコントロールで投げられると評価が高い。

 中嶋投手は143km/hの速球を投げる左腕投手で、大村投手は187cmの身長から投げおろすストレートが魅力。共に素質型だが、いきなり活躍する選手が出てくるかもしれない。

 

その他の注目選手

 北大津のエースは岡田勝造投手。171cmと小柄だが145km/hを記録する。春の準決勝・滋賀学園戦で中嶋投手と投げ合い1-0で勝利した。ケガにより出席日数が足りず留年しているため、2年生だが今年が高校野球最後の大会となるようだ。

 近江高校は2年生ながら既に評価が高い小川良憲投手が注目される。139km/hだが伸びるストレートは来年のドラフト候補の呼び声高い。近江高校には184cmから144km/hを投げるという2年生・山本大地投手も素質が高そうだ。さらに3年生の植田海選手は50m5.8秒のリードオフマン、他にも素質の高い選手が揃っている。

 そして光泉高校の殿城雄大投手と、水口高校の木村泰誠選手が隠し玉候補としてドラフト会議で指名されるかもしれない。殿城投手は180cmから141km/hの速球を投げ、1年秋の近畿大会・大阪桐蔭戦で登板し、2回を無失点に抑えてプロから注目されている。

 木村選手は左右に長打を打てる選手で、高校通算30本以上を記録している。素質の高い選手が揃い、大学・社会人等を経由して将来頭角を現しそうな選手がたくさんいて楽しみ。


PAGE TOP