高松北・塹江敦哉投手、149km/h連発も9四死球で敗退、3球団のスカウト視察

高松北, 塹江敦哉

 高校野球香川大会ではプロ注目の左腕、高松北・塹江敦哉投手が最速149km/hを記録した。しかし、相手打者の揺さぶりに課題の制球難が顔を出し、9四死球を与えて試合に敗れた。

149km/h連発も

 4回、塹江敦哉投手は左の力強い腕の振りから最速149km/hを3球連続で記録した。意地を見せたもののその前の2回には、相手打者が打席の一番前に立ってバントの仕草を見せて揺さぶりをかける。それによって4四死球を与えて3失点し逆転を許した。

 結局、6回を投げて5安打9四死球で5失点(自責点は4)、6三振を奪ったものの課題の制球力は課題のまま、高校野球の幕を閉じた。塹江投手は「みんなで甲子園に行くことだけ考えてやってきたけど、自分のレベルが低かった」と悔しそうに話した。

 

3球団が視察し評価

 この日は、阪神、東北楽天、巨人のスカウトが視察し、阪神の山本宣史スカウトは「伸びしろが十分にある」と話すと、東北楽天・山下勝己スカウトも「春から成長しているし、これからが楽しみ」と評価した。

 打者としてもこの日2試合連続となるホームランを放った塹江選手、パワーはずば抜けた物を持っている。塹江選手は将来について、「いずれはプロでやりたい」と話した。この言葉が今年のプロ志望届けにつながるのか、大学・社会人を経てになるのかはわからないが、149km/h左腕は次のステージを目指してスタートを切る。

 香川大会は2、3回戦が行われ、149キロ左腕・塹江(ほりえ)敦哉投手(3年)を擁する高松北は4‐7で観音寺中央に敗れた。塹江は6回を投げ5安打5失点(自責4)、6奪三振。四回に自己最速タイの149キロを3球連続でマークする場面もあったが、9四死球と制球が乱れた。

 中略 

四回には相手の3番打者に対し、3球連続で自己最速タイの149キロをマークした。降板後の八回には、右翼芝生席の上段に2戦連発となる2ランをたたきこんだ。大器の片りんは存分に見せたが、夢の甲子園には届かなかった。

 ネット裏には阪神、巨人、楽天の3球団のスカウトが熱視線を送った。敗れはしたが、塹江への高評価は変わらない。「伸びしろが十分にある」と阪神・山本宣史スカウト。楽天・山下勝己スカウトも「春から成長しているし、これからが楽しみ」と期待した。


PAGE TOP