富山商・沢田龍太投手も自己最速143キロ、横浜DeNA、日本ハムスカウトが高評価

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

富山商の沢田龍太投手は、智弁和歌山戦で自己最速の143キロを記録、強力打線を9回4失点、自責点2に抑える好投を見せた。

143キロ記録

183cm79kgの堂々の体格を持つ本格派右腕・沢田龍太投手は、これまでの自己最速は140キロだったが、さらに球速は伸びると期待されていた。

この日は初回に思い切り腕を振って投げたボールが142キロを記録すると、その後、自己最速を143キロを記録した。「真っすぐの感触は秋より良かった。思い切って投げようと思っていました」と話し、昨年秋からの成長を感じながら投げた。

智弁和歌山の強打線に161球を投げ、7安打を許し4失点した。しかし3番の大会屈指のスラッガー・林晃汰選手を5打数ノーヒット2三振に抑え、おそらく林選手を抑える事がポイントだったと思うが、。「いいバッター。左打者にはフォークで攻めて、うまく決まった」と話し、しっかりを抑えきった。

プロスカウト注目

この投球に、横浜DeNAの吉田孝司編成部長は「しっかりと腕が振れている。まだまだ投げ込みが足りないだろうが、夏に向けて楽しみ」と話すと、北海道日本ハムの熊崎誠也スカウトは「フォークが良かった。中学の頃から見ているが、これくらいはできると思っていた」と、中学時代から注目していることを話した。

ストレートの威力もあり、フォークボールなどの変化球も良いものを持っている。夏に向けて注目され、秋に向けて、ドラフトでの指名の声が挙がってきそうだ。現時点でもドラフト5位前後で獲得して育てたい投手だと思った。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
富山商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

智弁和歌山のプロ注目の左スラッガー・林晃汰(3年)を5打数無安打、2三振と圧倒した。「いいバッター。左打者にはフォークで攻めて、うまく決まった」と手応え。試合の途中には、4万6000人の満員御礼となり「すごく緊張したけど、抑えると歓声が上がる。気持ちよかったです」。4回にも守備のミスから失点したが、動じることはなかった。

 ネット裏では各球団のスカウトが視察。DeNAの吉田孝司編成部長は「しっかりと腕が振れている。まだまだ投げ込みが足りないだろうが、夏に向けて楽しみ」と期待すれば、日本ハムの熊崎誠也スカウトは「フォークが良かった。中学の頃から見ているが、これくらいはできると思っていた」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント