大体大浪商が大阪桐蔭に敗れるも、ドラフト候補・立石健投手が2回4奪三振

大体大浪商, 立石健

春季高校野球大阪大会の準決勝では、大阪桐蔭が大体大浪商に6-3で勝利し優勝に王手をかけた。しかし大体大浪商のプロ注目投手・立石健投手が2回4奪三振の好投を見せ、夏に向けた手ごたえを感じている。

140キロ

立石健投手は183cmの右腕投手で、大阪屈指の投手として注目される。この日は7回から2番手として登板すると、最速140キロを記録した速球で、2回を投げて2安打1失点も、4つの三振を奪うピッチングを見せた。

「ここ最近はピリッとしていない中で、この大阪桐蔭戦が一番良かった」と話すように、ここまで状態は良くなく、この日も先発とはならなかった(夏に向けて温存という事もあるが)。「高めに浮いたところで1点取られて悔しい思いもあります」と1失点を反省したものの、「思っていたよりは真っすぐを低めに集められた。」と手ごたえも感じている。

夏は100回記念大会で、大阪も南北に分かれる。大体大浪商は南地区となり、大阪桐蔭とば別地区となる。それでも楽なことはないが、まずは全国制覇したチームにまずまずの好投をし「全然かなわないということはなかったと思う。経験を生かしていきたい」と話した。

2018年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

スカウトのスピードガンではこの日最速140キロを計測。「思っていたよりは真っすぐを低めに集められた。でも高めに浮いたところで1点取られて悔しい思いもあります」。それでも状態は上がりつつあるようで「ここ最近はピリッとしていない中で、この大阪桐蔭戦が一番良かった」と手応えも口にした。


PAGE TOP