星稜・奥川恭伸投手が近江相手に7回5安打無四球無失点、中日4人態勢6球団視察

星稜高, 奥川恭伸

星稜の奥川恭伸投手が、近江と練習試合を行い、7回を投げて5安打無失点の好投、センバツに向けて本番モードに入ってきた。

本番モード

奥川恭伸投手はここまで練習試合では3イニングずつを投げ、徐々に調子を上げていた。そしてこの日は、昨夏の甲子園ベスト8でプロ注目捕手の有馬諒選手のいる近江と対戦し、7回までを投げ切っていよいよ本番モードに入った。

先発した奥川投手は2回に連打を浴びて1アウト2,3塁のピンチとなったが、空振り三振とピッチャーゴロに抑えた。ランナーを背負ってからギアを挙げる投球だった。そしてその後は四球を与えず、最速148キロのストレートと伝家の宝刀・スライダーで危なげない投球を見せ、さらにフォークボールなどすべての変化球も解禁して、7回5安打5奪三振無失点の好投を見せた。「スイッチが入って、緊張感が高まった。失投もあって打たれたのもありましたけど、ゼロで粘れて良かった。近江高校さんも力がある学校ですし、甲子園1回戦の練習試合という感じで、本番に近い形でやれたので、すごく収穫がありました。すごく順調にきています」と手ごたえを感じる投球だった。

この試合では近江高校の有馬選手との対戦となり、中日、オリックス、埼玉西武、福岡ソフトバンク、北海道日本ハム、東北楽天の6球団13人のスカウトが集まった。中日は松永編成部長以下4人態勢で視察に訪れ、注目度が高いことを示した。中日・米村チーフスカウトは「強弱をつけられるので、より勝てる投手になってきた。スタミナも問題ないし条件がそろっている。完成度なら高校生で恐らく一番。いや社会人、大学を合わせても、そうかも知れない」と評価した。

またオリックスの古屋スカウトも「球が速い投手はいるが、それに加えて変化球の使い方などの完成度が高い。センバツが楽しみ」と評価した。

中日は北陸を準地元としており、星稜出身の音スカウトを密着マークさせ、高校四天王の中でも星稜の奥川投手を最もマークをしている。昨年の地元・岐阜の根尾選手の獲得で、球団のグッズの売り上げが上がったり、球場へ足を運ぶ人が増えているなど、既に効果も見られており、今年も地元路線として奥川投手の1位指名の可能性がかなり高い。奥川選手が中日に入団となれば、中日ファンの期待度もますます高くなる。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト

ネット裏では、6球団13人のスカウトが視察。オリックスの古屋英夫スカウト(63)は「変化球の使い方など、高校生なのに完成度が高い。センバツが楽しみ」と評価した。履正社戦へ向け注目度は増すばかりだが、奥川は「優勝候補と言われているが、チャレンジャー精神を忘れずぶつかっていきたい」と力を込めた。

ネット裏には中日、西武、ソフトバンク、日本ハム、オリックス、楽天と6球団13人のスカウト陣が詰めかけた。中日は4人のスカウト陣で視察。米村明アマスカウトチーフは「完成度なら高校生で恐らく一番。いや社会人、大学を合わせても、そうかも知れない」とうなり、オリックス・古屋英夫編成部副部長は「球が速い投手はいるが、それに加えて変化球の使い方などの完成度が高い」と話す。

中日、オリックスなどプロ6球団13人のスカウトが視察する中、最速148キロに加え変化球も全球種を投じた。「今日は本番に近い形でと考えていたので、まずはゼロに抑えられて良かった」と手応えを口にした。

彦根城に近い近江グラウンドに6球団13人のNPBスカウトが詰めかけた。中日は松永編成部長を含め4人が来校。米村チーフスカウトは「強弱をつけられるので、より勝てる投手になってきた。スタミナも問題ないし条件がそろっている。大学・社会人を含めても完成度は1番じゃないか」と、うなるしかない。

ネット裏では6球団のスカウトが見守り、中日・米村チーフアマスカウトは「技術的に低めにきっちりと投げられるようになってきている。社会人、大学を含めても投手としての完成度は一番」と絶賛。


PAGE TOP