星稜・奥川恭伸投手が山梨学院相手に5回9奪三振3失点

星稜高, 奥川恭伸, 山梨学院高, 野村健太

星稜は山梨学院と対戦し、U18代表一次候補に参加した星稜・奥川恭伸投手と山梨学院・野村健太選手が対戦した。

スライダーでかわす

奥川投手と野村選手は、U18代表候補合宿でバスの席が隣になっていた。「練習試合が決まってから、すごく楽しみだった。」と奥川投手は話した。

注目の対決は初回2アウトランナー1塁の場面で迎えたが、奥川投手が変化球を主体に投げ、空振り三振を奪った。そして3回ノーアウト2塁の場面で再び対戦をしたが、同じように変化球で空振り三振を奪い、奥川投手に軍配が上がった。

奥川投手は、「今日はスライダーでかわした感じの投球だった。もっと直球で勝負できるようになりたい」と話し、勝負には勝ったものの、内容ではストレートで勝負できなかった事に反省した。野村選手も「今日は歯が立たなかった」と脱帽。それでも「こういう投手を打てるようにならなければいけないという、すごくいい経験になった。しっかり練習して、甲子園でリベンジしたいです」

9つの三振を奪った。しかし、2回に山梨学院の下位打線に3連打で3点を失うなど反省のピッチングにもなった。

星稜は今日、健大高崎・東海大相模と練習試合を行う。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)1次候補

4月の高校日本代表候補合宿でバスの席が隣同士になり、仲良くなった野村との対戦を「練習試合が決まってから、すごく楽しみだった。今日はスライダーでかわした感じの投球だった。もっと直球で勝負できるようになりたい」と、笑顔で振り返った。


PAGE TOP