愛産大三河の46本塁打スラッガー・上田希由翔選手、東京六大学進学志望

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

愛産大三河でプロのスカウトが「石川にも引けをとらない」と評価していた上田希由翔選手が、東京六大学でのプレーを目指している。

石川に引けをとらない

上田希由翔選手は182cm88kgの選手で、高校通算46本塁打を放った左の大砲、1年夏からベンチ入りし1年秋からレギュラーとして出場をしている。投げても136キロを記録する肩があり、プロのスカウトからは「石川昂弥に引けをとらない」と評価され、「プロ志望届を出せば指名は有力」と噂されていた。

しかし上田選手は「最初はプロに行きたかった。でも、考えていく中で、不安が増えてきた」と話し、高校時代は投手として登板する事も多く、野手としてはファーストを守っていたが、このままプロ入りすれば、一塁手としてスラッガーや外国人選手とのポジション争いとなると考えた。「今のままでは、プロでできても3、4年。同級生が大学を卒業するタイミングで、切られる可能性もあると思った」と話す。

また、今年春にU18代表候補合宿に召集され、佐々木朗希投手と対戦して空振り三振をした。「速いだけでなく、高いマウンドから足を高く上げて、迫力もあった。空振りした時も、バットがボールの上を通ったのか、下を通ったのか、分からないくらいだった」と話し、プロ入りする投手との差を感じたという。

現在も野球部の練習に参加し、サードの守備練習をしている。まずはサードを守れる選手になって、大学生のトップレベルの投手と対戦して行く中で、4年間で徐々に打てるようにしてゆきたい。そのレベルの高い投手と対戦するため、東京六大学への進学を希望しているという。「大学にはすごい打者、すごい投手がいる。スピードに慣れて、1年春からベンチ入りできるように頑張る」と話し、4年後にドラフト上位でプロ入りを目指す。

2019年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント