大阪桐蔭、松浦慶斗投手、関戸康介投手投手の150キロ越えに期待

大阪桐蔭, 関戸康介, 松浦慶斗

センバツに出場する大阪桐蔭、2年生になる左腕の松浦慶斗投手、右腕の関戸康介投手は共に最速146キロを記録しており、2年春で150キロ越えも期待される。

185cm左腕

松浦慶斗投手は北海道出身で、2016年に広陵高校で154キロを記録した左腕・古谷優人投手のいとこ。古谷投手は昨年、プロ左腕初の160キロを記録しているが、松浦投手は185cmと身長が伸び、昨年秋の近畿大会・立命館守山戦で146キロを記録した。そしてセンバツでは、「150キロを出したい。2年春ではなかなかいない」と話し、2年生の左腕で初の大台突破を狙う。

関戸康介投手は明徳義塾中時代に146キロを記録し、多くの高校から注目をされる中で大阪桐蔭を選択した。高校では球速よりも「勝つための投球がしたい」と制球力を磨く練習を重ねたが、140キロ前後の球も力は十分ある。球速を求めるのはまずは試合で投げられるようになってからと考えている。

昨秋の成績を見ると、松浦投手は公式戦5試合に登板し9回1/3で14安打13奪三振12失点、防御率は11.17、練習試合も含めると55回2/3で48安打58奪三振、自責点22で防御率3.56となっており、三振を奪うもののヒットも失点もまだ多い。関戸投手は公式戦4試合6回を投げて3安打7奪三振1失点で防御率1.50、練習試合も含めると34回を投げて38安打33奪三振、自責点17で防御率4.50と、やや対照的な成績を残している。

二人のアプローチのしかたも含めてこの春の投球、そして来年秋のドラフト会議までの道のりが本当に興味深い。昨夏までに二人とも150キロを記録し、根尾、柿木、横川のようなローテーションで投げるくらいになってほしい。

大阪桐蔭の注目選手ー2020センバツチームの紹介
2021年度-高校生のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP