市和歌山、松川虎生選手が2打席連続本塁打&小園健太投手が148キロ2回4K、巨人・DeNAなど注目

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

市和歌山が那賀と対戦し、松川虎生選手が2打席連続ホームラン、小園健太投手が2回4奪三振無失点と力を見せた。この日は巨人、横浜DeNAなどのスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

場外ホームラン

甲子園でもその打撃能力の高さを見せた松川虎生選手、この日は3回2アウト1塁の場面でレフトスタンドにホームランを放つと、4回にも2アウト1塁の場面でレフトに放った打球は、スタンドを超えて場外へ消えた。

高校の公式戦初となる2打席連続ホームランに松川選手は「どこまで飛んだかわからない」と話す高校通算35本目となった。

センバツで7打数4安打を記録した松川選手にプロのスカウトも注目する。横浜DeNAの安部スカウトは「紀三井寺での場外はなかなか見ない。捕手としてのフットワークもある。野球勘がよさそう。あれだけ飛ばせる力がある」と評価すると、巨人・岸スカウトも「広角に長打を打てるのが魅力的。1発で仕留める能力が非常に高い。引っ張れるのも強み」と評価した。

高校屈指と言っても良い打撃に、捕手としても能力が高く、ドラフト会議では2位までに指名されるのではないかと思う。

スピードが出てきた

すでにドラフト1位候補として注目される小園健太投手は、この日は6回にリリーフで登板するとストレートで押して148キロを記録し力で圧倒、2回1安打4奪三振で無失点に抑えた。

9-1と点差の開いた状況での登板に「楽な展開だったので、MAXでいくことができた」と、この日は自分の力を試す投球だった。

視察した巨人の岸スカウトは「安定した投球。真っすぐの強さ、スピードがある。夏は150キロを超えてくるでしょう」と話すと、横浜DeNAの安部スカウトも「完成度は高いが、ストレートの精度が上がれば完全に1位候補になる」と評価した。

小園投手は昨年夏はストレートが力強く、秋以降はどちらかと言うと変化球主体の投球を見せている。スカウトも昨夏の強いストレートの印象が残っており、それを期待しているような感じが見られる。

徐々に力を上げ始めている小園投手、この春、そして夏の投球が注目される。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察したDeNA安部スカウトは「紀三井寺での場外はなかなか見ない。捕手としてのフットワークもある。野球勘がよさそう。あれだけ飛ばせる力がある」と評価。巨人岸スカウトも「広角に長打を打てるのが魅力的。1発で仕留める能力が非常に高い。引っ張れるのも強み」と話した。

【高校野球】プロ注目の市和歌山・松川虎生、2打席連発!130メートル場外弾!
 プロ注目の市和歌山・松川虎生(こう)捕手(3年)が、自身初となる公式戦2打席連続本塁打を放った。

この日は複数球団がネット裏で視察した。巨人岸スカウトが「安定した投球。真っすぐの強さ、スピードがある。夏は150キロを超えてくるでしょう」と話せば、DeNA安部スカウトも「完成度は高いが、ストレートの精度が上がれば完全に1位候補になる」と高く評価した。

【高校野球】市和歌山・小園健太、2回無失点4K 最速148キロ…ドラフト上位候補
 今秋ドラフト上位候補の市和歌山・小園健太投手(3年)が、9―1の6回から4番手で登板。巨人とDeNAが視察する前で、2回を1安打無失点4奪三振に抑えた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント