二塁送球1秒87の強肩・小松工の鍛冶巧太捕手に阪神など4球団が視察、「プロに行きたい気持ちはある」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

小松工業の強肩捕手・鍛冶巧太選手に、阪神など4球団のスカウトが視察をした。鵬学園に敗れ、試合後にプロ志望の心境を語った。

スポンサーリンク

二塁送球1秒87

鍛冶巧太選手は、179cm82kgの捕手で、二塁送球が1秒87を記録する強肩が評価され、西武、巨人、中日などが評価をしていた。

この日は夏の高校野球石川大会で、鵬学園との試合に臨んだが、3打数1安打だったものの、8回2アウト1,2塁の場面で死球を受けてチャンスを拡大したものの、得点には結びつかずに敗れた。

この日も阪神など4球団が視察をしたが、鍛冶選手は試合後に「取っていただけるのならプロに行きたい気持ちはある。相談して決めたい」と話し、プロ入りの意思があることを話した。

今年も全国に高校生の強肩捕手が多くおり、鍛冶選手もその候補としてリストアップされている。今後の進路の決定、そして各球団の評価が注目される。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補鍛冶初戦散る スポーツニッポン紙面 2021/7/13

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント