菰野の140キロ左腕・池田翔紀投手が1回3三振、2球団視察し中日スカウト「真っすぐの意図がある」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

菰野高校の左腕・池田翔紀投手が登板し、中日など2球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

三者三振

菰野の池田翔紀投手は、181cm83kgの大型左腕投手でこの夏までに140キロを記録し、将来性の高い左腕投手として注目されている。

この日の初戦・英心戦で先発をすると、先頭打者を134キロのストレートで空振り三振、続く打者も135キロのストレートで三振を奪った。次の打者にセンター前ヒットを許したものの、4番バッターは見逃し三振に仕留めた。

この日は戸田監督が投手5人を1イニングずつ登板させるため、池田投手は1回のみの投球となったが、1回1安打3奪三振無失点という内容だった。「球速は気にせず、とにかく味方の攻撃の勢いをつくる投球を心掛けました」と話した。

この日は2球団が視察をしたが、中日の近藤スカウトは「1イニングで評価は難しいが、真っすぐを投げていこうという意図が分かる投球だった。準備はできていると感じた」と話した。

打撃でも第1打席で2点タイムリー2ベースヒットを打った池田選手、次は長いイニングでどんな投球をするのかが注目される。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・三重大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球三重大会、ドラフト上位クラスという選手はいないが、プロが注目する左右の本格派投手、捕手や遊撃手にも好選手が多く、ドラフト注目度はB。

スタンドではプロ2球団のスカウトが投球に注目。中日の近藤スカウトは「1イニングで評価は難しいが、真っすぐを投げていこうという意図が分かる投球だった。準備はできていると感じた」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント