夏の高校野球・長崎大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球長崎大会の注目選手を紹介します。球速が出てスケールもある投手やU18代表候補の投手もおりドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

長崎日大の西尾海純投手は、侍ジャパンU18代表候補にも選ばれている投手。177cm78kgのバネのあるフォームから球速は149キロを記録、スライダー、フォークなどの変化球を投げ、カットボールは必殺球となっている。1年時からエースとして投げている実績も十分。

長崎商の野原英主投手はこの春急成長の左腕。182cm85kgのサイズがあり、最速は146キロを記録した。まだ四球が多く制球に課題はあるものの、将来性抜群の大型左腕投手が注目されそうだ。

海星の2年・陣内優翔投手は184cm72kgの右腕投手で、球速は145キロを記録している。春の長崎東戦では完全試合を達成するなど、スライダー、カットボールの精度も高く、来年までにかなりの評価される投手となりそうだ。

その他の選手

長崎日大は三丸悠成投手も178cmの右腕で143キロの速球を投げる。他校なら断然エース。2年時から140キロを記録していた渡辺登投手も最後の夏に期待したい。加藤太陽選手は木製バットできれいに外野に運ぶ打撃が魅力。

長崎商も182cm80kgの右腕・川瀬準之介投手がおり、まだ登板機会は少ないが実力のある投手。175cm80kgの右の股張隼大選手は県屈指のスラッガーの呼び声も。

海星はエースの加茂恵投手が常時130キロ中盤を記録し、春は長崎大会で四球を一つも出さない抜群の制球力を見せた。安定したエース。大川逢夢選手は182cm85kgと体がある選手で、サードからマウンドに登ると常時140キロの力強いストレートを投げる。高い打率を残す田中朔太郎選手、180cm75kgの左の強打者で1年秋に4番を打った池田陽翔選手、4番の永田晃庄選手は小学生時代に侍ジャパンU12代表選手。

九州文化学園は水口瑠晟捕手が捕球、リードが素晴らしく、二塁送球1.9秒台の強肩があり、三塁や一塁もこなせるフットワークがある。長崎NO.1捕手の声も。江頭勇武投手はサードを守るが、142キロのストレートで3年春に長崎日大を6回無失点、西尾投手と投げ合いを演じた。仙台育英から転向してきた銅座琉聖投手は、登板機会はほとんどなかったが、185cm75kgの体から140キロの速球を投げる隠れた逸材。

大崎高は130キロ中盤の速球に変化球も切れが良い左腕の川口修生投手と、打撃も良く140キロのストレートとカットボール、チェンジアップなどで抑える右腕の前川響投手がおり、二人をリードする塚野勇太捕手はフットワークが良く、スピードのある捕手。

清峰の南和紀投手は2年時から140キロの速球とスライダーのキレで三振を奪う右腕投手で、故障などもあったが復活が期待される。国見高の草野滉太投手は176cm84kgの右腕投手で球速は130キロ前半だが速く見える。

創成館の森友碧選手は172cm62kgと体は大きくないが左投げ左打ちの選手で打撃が鋭く長打力がある。

2年では長崎南山の中山龍樹選手が守備の良さに定評があり、長崎工の道脇佑斗投手はコントロール良く緩急をつけた投球をする。

2024年度以降-高校生-長崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント