アジアAAA選手権、吉永1安打13奪三振!高橋周平選手ホームラン!日本優勝!

高橋周平, 臼田哲也, 吉永健太朗, 畔上翔, 横尾俊建, 谷田成吾, 北川倫太郎, 宮内和也, 近藤健介, 道端俊輔

アジアAAA選手権は日本vs韓国の決勝戦が行われ、6-1で日本が勝利、優勝を果たした。

この試合先発したのは甲子園優勝投手の日大三・吉永健太朗投手、初回に得意のシンカーで2三振を奪うと5回までノーヒットピッチングを見せた。6回の先頭打者に

ライト戦に2ベースを打たれると捕手のパスボールで1失点するもその後も崩れることなく、9回には三者連続三振!9回を完投して1安打13奪三振の快投を見せた。

攻撃では3番に座る高橋周平選手が3回にライトスタンドに先制の2ランホームランをたたきこむと、7回にもライト前に2点タイムリーヒットを放って4打点、投打の活躍で6-1で快勝した。

木製バットでの横浜スタジアムでのホームランはドラフト1位の評価に十分こたえるものだった。プロでも早い段階で1軍でのプレーが期待できる。

打者の成績
1番捕 近藤健介(横浜)       3-0 2四球
2番二 宮内和也(習志野)     3-1 バント成功1、失敗1、バント安打1
3番遊 高橋周平(東海大甲府)  5-3 4打点、ライトスタンドに2ランホームラン、2点タイムリー
4番三 横尾俊建(日大三)     5-0 2三振
5番中 畔上翔 (日大三)      4-1 2ベースヒット
6番左 北川倫太郎(明徳義塾)  3-1 送りバント1
7番一 谷田成吾(慶応)      3-2 2ベースヒット1本、特大センターフライを相手エラー1打点
8番指 道端俊輔(智弁和歌山)  4-0 
9番右 臼田哲也(東海大相模)  4-3 バントヒット。1打点。

  • 日本6-1韓国(1日) - 
  • リンク先をご覧ください。


    PAGE TOP