No Image
 夏の高校野球、甲子園出場の49校が出揃いました。注目選手の一覧をまとめました。  一覧はこちら↓

愛工大名電, 濱田達郎

No Image
 愛工大名電・濱田達郎投手が本領を発揮した! 愛知大会決勝の愛工大名電vs東邦の試合は先発した愛工大名電・濱田達郎投手が昨日までの球速を抑えたピッチングをしたが2回と5回に失点、試合は劣勢のまま進んだ。

松井裕樹, 桐光学園

No Image
 神奈川大会は桐光学園vs桐蔭学園の対戦となり、昨日の準決勝でコールド勝ちをした桐蔭打線を相手に、桐光学園の2年生・松井裕樹投手が15三振を奪う快投を見せ、11-4で完投勝利、甲子園出場を決めた。

藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

No Image
 大阪大会決勝はここまで抜群の強さを見せて勝ち進んできた大阪桐蔭と履正社が対戦、大阪桐蔭は昨日の準決勝で温存されたエース・藤浪晋太郎投手が満を持して先発のマウンドに登った。  初回にいきなり1失点するも151kmを記録したストレートを中心に ...

松井裕樹, 桐光学園

No Image
 神奈川大会準決勝の桐光学園vs平塚学園の対戦では、先日の横浜高戦で131球を投げて完投した桐光学園の松井裕樹投手が先発した。「序盤から球が行かなくて」とストレートは伸びもコントロールも良くなく6死四球と苦しんだものの、超高校級の縦に鋭く曲 ...

神村学園, 柿沢貴裕, 平藪樹一郎

No Image
 鹿児島大会決勝では神村学園vs鹿児島実の対戦が行われ、神村学園が初回に5点を奪い勢いに乗ると、先発した柿澤貴裕投手が7回まで2失点、8回は平藪樹一郎投手に譲るも9回に再びマウンドに登ると、「150kmを狙った」と力強いピッチングを見せて1 ...

竹内諒, 松阪高

No Image
 三重大会決勝では松阪高校が、いなべ総合を破り甲子園出場を果たした。松阪は初回に2点を奪うも先発の竹内諒投手はここまで4試合に完投し疲れもあって4四球、8安打を許した。しかし丁寧なピッチングで粘り2失点に抑え、3-2で勝利した。

愛工大名電, 濱田達郎

No Image
 愛工大名電vs豊田西の準決勝では愛工大名電・濱田達郎投手が先発すると初回に145kmを記録、9回を投げて4安打8奪三振2失点とまずまずの投球を見せた。

田村伊知郎, 報徳学園

No Image
 報徳学園で1年生からエースとして活躍してきた田村伊知郎投手だが、24日の市立尼崎戦で完封したあとに右肩痛を発症し準決勝の滝川二戦では登板できず高校野球が終わった。

大阪桐蔭, 沢田圭佑

No Image
 大阪桐蔭vs近大付属の強豪同士の準決勝は思わぬ大差がついた。  大阪桐蔭はエースの藤浪投手と同じくらいの力を持つ沢田圭佑投手が登板すると、ストレートは151kmを記録、近大付打線をわずか1安打、6三振を奪い5回を無失点に抑えた。打線も好調 ...

スポンサーリンク
PAGE TOP