中日ドラフト2位・鵜飼航丞選手、立ち幅跳びで295cmにコンディショニンググループ長「ポテンシャルを秘めている」

中日ルーキーニュース

中日の新人合同自主トレは第2クールの2日目、この日は練習メニューで立ち幅跳びを実施したが、ドラフト2位の鵜飼航丞選手が295cmのジャンプを見せた。

スポンサーリンク

昨年の阪神・佐藤輝明選手は281cm

182cm100kgの鵜飼航丞選手が宙を舞う。立ち幅跳びで295cmを飛ぶと、地面にドスンと着地した。これには身体能力の高さが注目されたドラフト1位のブライト健太選手も驚嘆した。

昨年、阪神のドラフト1位で指名された佐藤輝明選手が281cmを飛んで注目されたが、それを上回る。そして、「3メートルは跳べると思います。今日は滑ってけがするのが怖いので、セーブしながら跳びました。それで295センチ飛べたのは体の調子もいいかなと思います」と話した。

コンディショニンググループ長の三木氏もこのジャンプに、「動きを見ていても単純にスピードがあって速いと思う。そのスピードをスイングに転換しているので、バットも振れて打球も飛んでいく」と話す。そして、「村上だって足は遅くないし、鈴木だってあの体格で外野守っていても遜色ない。そこを目指せるポテンシャルを秘めている」と話す。

ヤクルトの村上選手は昨年12盗塁を記録し、広島の鈴木誠也選手は3度の2桁盗塁を記録、外野手として足を飛ばしている。鵜飼選手も、大学時はDHでの出場も多く、外野手としての足や肩を見せる機会は少なかったが、DHのないセリーグの球団に入り、外野の守備でも良さを見せるかもしれない。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧
中 日ドラゴンズ公式ページ 中 日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中 日ドラゴンズのチーム世代表 中 日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ過去のドラフト指名 3年...
【中日】ドラフト2位鵜飼が驚愕下半身パワー!昨年の阪神・佐藤輝超えの立ち幅跳び2メートル95の大ジャンプ:中日スポーツ・東京中日スポーツ
中日のドラフト2位、鵜飼航丞(こうすけ)外野手(22)=駒大=が17日、驚愕(きょうがく)の跳躍力を披露した。新人合同自主トレ第2クー...
182センチ、101キロの体を支える、強靱(きょうじん)な下半身で目いっぱい地面を蹴る。体は宙を舞い、そのまま地面にズドン。この日の新人合同自主トレで行われた立ち幅跳びで、トップを記録したのは2メートル95を跳んだ鵜飼だった。
 「3メートルは跳べると思います。今日は(芝で)滑ってけがするのが怖いので、セーブしながら跳びました。それで295センチ飛べたのは体の調子もいいかなと思います」
 最初は流しながら、徐々に力を込めて本領を発揮。一緒にやっていたブライトも思わず「すげえ」とうなったほどのビッグジャンプ。それもそのはず、昨年、阪神の佐藤輝が記録したのは2メートル81センチ。余力を残しながらの“サトテル超え”だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント