東北楽天・松井裕樹投手がプロ初勝利!

東北楽天ルーキーニュース

 昨年のドラフト会議で5球団が1位指名した東北楽天の松井裕樹投手がプロ初勝利を果たした。

8試合目で勝利

 松井投手はこの日、2-0の5回2アウト1,2塁の場面で、勝利投手の権利まであと1アウトだった宮川将投手に代わってマウンドに登ると、チェンジアップでセカンドゴロに抑えて無失点に抑える。

 6回もマウンドに登ると、高めのストレートを思い切り腕を振って投げ3者連続三振、7回も2アウト1,3塁から145km/hの高めのストレートで糸井選手を三振に斬って取った。プロ入りしてから四球におびえていた松井投手だったが、この日はストレートは高めのボール球だが、腕を振って投げた事でバッターが手を出した。

 松井投手は開幕1軍に抜擢され、ローテーションの中で4試合に先発したものの0勝3敗、四死球を連発し2軍に降格した。そこで、2軍の酒井コーチから「ファンは、どんな松井裕樹が見たいんだと思う?」と聞かれ、「躍動感があって、腕をバンバン振って、三振を取る姿を見たいんだろう」と教えられた。

 1軍に再昇格し先発では再び失敗して4敗となったものの、四球を恐れずに腕を振って投げようやく1勝、プロ8試合目での勝利だった。

 

  7回2死一、三塁。6回から4者連続空振り三振を奪った後、連打で招いたピンチ。糸井に対し、フルカウントから145キロ高め直球で空を切らせ、雄たけび。2回1/3を2安打無四球で無失点。7アウトのうち5つを三振で奪った。

 自らの制球難が招いたいばらの道。2軍に降格したとき、酒井2軍チーフ投手コーチの一言で自分を取り戻した。

 「ファンは、どんな松井裕樹が見たいんだと思う? 躍動感があって、腕をバンバン振って、三振を取る姿を見たいんだろう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント