JR九州が6年連続都市対抗出場!

JR九州, 菊地翔太, 福敬登

 都市対抗野球九州2次予選は、第1代表決定戦でJR九州がホンダ熊本に勝利し、都市対抗本戦出場を決めた。

150km/hコンビ

 JR九州は、高校で注目された選手(投手)を獲得している。その中で加治屋蓮投手(2013年福岡ソフトバンクドラフト1位)などが生まれている。チームには高校時代に140km/h後半の速球を投げていた吉田奈緒貴投手、同じく菊地翔太投手、福敬登投手などがいる。

 今大会では、準決勝の三菱重工長崎戦で、吉田投手が先発したものの、初回に6失点を喫した。しかし、福投手、菊地投手の粘りでその後を1失点に持ちこたえると、チームは8回に追いつき、延長11回にサヨナラで勝利した。

 この日の第1代表決定戦では福投手が先発し6回0/3を8安打1失点、7回から登板した菊地投手が、3回を3安打1失点に抑えて、4-2で勝利した。

 福投手は今年春に150km/hを記録、菊地投手もリリーフとして140km/h後半の速球を投げる投手で、今年こそプロが注目するような投球を、都市対抗本戦で見せてほしい。

JR九州のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-社会人投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP