JR東日本・田嶋大樹投手は「ドラフト1位でプロへ」、東北楽天、福岡ソフトバンクが視察

丸子達也, JR東日本, 田嶋大樹

今年のドラフト上位候補左腕、JR東日本の田嶋大樹投手が始動し、ドラフト1位でプロ入りする目標を語った。この日は東北楽天、福岡ソフトバンクの2球団のスカウトがあいさつに訪れた。

ドラフト1位でプロへ

田嶋大樹投手は佐野日大高校時にセンバツベスト4に勝ち進むなど、ドラフト上位候補の左腕として注目されていた。しかし、その後の故障をしたことや、「まだ技術、体力が足りない」とし社会人入りを決めていた。プロ志望届を出していれば2位前後での指名が予想されていた。

JR東日本で3年をプレーし田嶋投手は、「自信がつきました」と話し、「ドラフト解禁の年で実感が湧いてきた。行くなら1位でいきたい。もう一回り、二回り大きくなって、プロに行ければいいです。」と話し、ドラフト1位指名でのプロ入りを目標とした。

田嶋投手は昨年は都市対抗本選に出場するも所詮でサヨナラ負け、日本選手権は出場できなかった。またU23W杯代表にも選出されたが、ぎっくり腰のために登板はなかった。それでも同学年でプロで活躍する安楽智大投手などと交流し、プロでやれると感じたという。

まずは都市対抗に「今度こそ優勝したい」と優勝をめざし、それによってドラフト1位を確定させる。このストーリーで今年行きたい。

2球団注目

この日は東北楽天、福岡ソフトバンクが視察した。ともに左の先発を欲している球団だが、ほかにも埼玉西武、千葉ロッテなど先発左腕を求めている球団は多く、社会人NO.1左腕という事もあり、上位として常に名前が出てくると思う。

JR東日本では丸子達也投手も今年ドラフト解禁となる。打率3割以上、2ケタホームランを目標とし「今年はチームを引っ張っていけるくらい、頑張りたいです」と話した。こちらもプロについては意識しているとみられる。

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

ソフトバンク、楽天のスカウトが見つめるなか、キャッチボールなどで体をほぐすと、「ドラフト解禁の年で実感が湧いてきた。(プロに)行くなら、1位でいきたい」と決意表明した。

精神面も社会人日本代表で同僚だったオリックス1位の山岡(東京ガス)にLINEで助言を仰ぐなどして成長し、堂々としたマウンドさばきを身に付けた。集大成の1年。「しっかり貢献して、1位で行きたい」という目標を達成する。

腰痛で登板機会こそなかったが、昨秋のU―23W杯の日本代表にも選出されるなど順調に成長してきた。

野手のドラフト候補では、チームで中軸として期待される丸子達也内野手(23=早大)が打率3割以上、2ケタ本塁打を目標に掲げた。「今年はチームを引っ張っていけるくらい、頑張りたいです」と気合の表情。


PAGE TOP