履正社・安田尚憲選手が始動、東北楽天、阪神が視察

履正社高, 安田尚憲

履正社高校が4日午後に始動し、高校通算45本塁打のスラッガー・安田尚憲選手のドラフトイヤーが始まった。東北楽天、阪神の2球団が視察をした。

プロはずっと夢だった

安田尚憲選手は昨年秋の明治神宮大会決勝で、早稲田実・清宮幸太郎選手に続いてホームランを放ち、チームを優勝に導いた。センバツ出場は確実で、「春夏ともに甲子園に出て優勝したい。目標は高く設定してやっている」と春夏連覇を目標とした。

安田選手は大阪の高校生センバツとして台湾遠征をし、木製バットでホームランを放つ活躍も見せていた。将来について、「まだどうなるか分からないけど、プロはずっと目標だったし、夢だった。」と話し今年のドラフト会議での指名を目標とし、「この1年はチャンスだし、勝負になるので、妥協せずにやっていきたい」と決意を語った。

 

阪神、楽天が視察

この日は東北楽天と阪神のスカウトが視察し、阪神は安田選手、清宮選手を担当する畑山チーフスカウトが姿を見せた。安田選手のプロを目指す方針を聞き、「なおさら夏までしっかりと、どう成長するか見ていきたい」と話した。

履正社高校では右スラッガー・若林将平選手、145キロ右腕の竹田祐選手も注目されている。

まずは清宮選手に先んじて安田選手が始動し、二人のドラフトイヤーがスタートする。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「まだどうなるか分からないけど、プロはずっと目標だったし、夢だった。この1年はチャンスだし、勝負になるので、妥協せずにやっていきたい」

この日は阪神、楽天のスカウトが視察。阪神・畑山チーフスカウトは、安田がプロ入りを目指す方針を受けて「なおさら夏までしっかりと、どう成長するか見ていきたい」と注目。高校通算45本塁打の左の大砲に一層の期待をかけた。

この日は、阪神と楽天の2球団が安田の練習を視察。清宮も担当する阪神・畑山俊二チーフスカウトは「(2人とも)夏までしっかりと見ていきますよ」と密着マークを宣言していた。

この日は大阪・茨木市の同校グラウンドで始動。「センバツ、夏の選手権の連覇を目指します」と新年の目標を口にすると「清宮が注目されてるからこそ、自分にも目を向けてもらえる。追いつけるように頑張りたい」と、ライバルに負けない活躍を宣言した。

昨年末には大阪府選抜として台湾に遠征し、現地のチームと4試合を行った。2戦目の第4打席で高校通算45本目となる本塁打を放つなど、結果を残し「この冬やってきたことができた」と収穫を持ち帰った。


PAGE TOP