日本通運に武田久投手加入、生田目翼投手は「いろんなこと聞きたい」

日本通運, 生田目翼, 武田久

昨年まで日本ハムでプレーしていた武田久投手が、復帰した日本通運で始動した。155キロの今年のドラフト候補・生田目翼投手は「いろんなことを聞きたいです」と話した。

生田目投手成長期待

武田久投手は日本通運から2002年のドラフト4位で日本ハムに入団し、15年間投げて167セーブを記録するなど抑えのエースとして活躍をした。昨年に日本ハムを退団すると39歳の今年は古巣・日本通運へ復帰し、この日、練習を開始した。

同社のグラウンドが改修中で、近くの草野球グランドでスタートすると、硬式球が使えない狭さでランニング中心の練習となった。選手権コーチとしてチームに参加をするが、「日通に違った空気を入れて、若い子たちにいい思いをしてもらいたい」と話し、都市対抗優勝を目指す。

コーチとしての役割も期待したい。日本通運には、大学時代に155キロの速球を投げて、田中正義投手とともに注目された生田目翼投手がいる。生田目投手は大学時代も粗さがある投手だったが、昨年は社会人1年目で都市対抗でリリーフなどで登板すると、決勝戦では制球を乱して失点、先日のウインターリーグでも同じように制球を乱す場面があった。

170cmの身長だが伸びのある速球とコントロールを武器に、プロでもリリーフを務めた武田投手は、生田目投手にとって非常に良い見本になると思う。「いろんな事を聞きたいです」と話した生田目投手、武田投手からいろいろ吸収できれば、秋はドラフト1位の声が高まってくることになる。

日本通運のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

チームは16年秋の日本選手権、昨夏の都市対抗野球でいずれも準優勝。「練習は選手と一緒にやるけど、選手が100というわけでもない。日通に違った空気を入れて、若い子たちにいい思いをしてもらいたい」。選手として、コーチとして、後輩たちを日本一に押し上げる覚悟だ。


PAGE TOP