Hondaの大型内野手・松田進選手がホームランなど2安打2打点、「プロに行きたい」

松田進, Honda

HondaはJR西日本と対戦し、プロ注目の187cm内野手・松田進選手が2安打2打点の活躍を見せた。

プロに行きたい

国学院久我山高校、中央大学では187cmの大型遊撃手としてちゅうもくされてきた松田進選手、この日は7番サードで出場をすると、2回にはバックスクリーン左へのホームランを放ち、2打数2安打2打点1本塁打の活躍を見せた。チームも4-1で勝利し、勝利に貢献した。

松田選手は「打ったのは真ん中の真っすぐ。たまたまですが、久々に完璧な当たりだった。」と話し、岡野監督も「松田はファウルで粘って、よく打ってくれた。松田は7番だが、下位にああいう1本が出るのは大きい」と話した。

松田選手はこの日、サードで出場しエラーをして「やらかしてしまった」と話したものの、「プロに行きたい。打撃でチームに貢献していきたい」と話した。

大学時代も一時期はグッと伸びた活躍を見せていた。継続して結果を残せるようになれば、夢はかなえられる。

2018年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

ドラフト候補の右の強打者、Honda・松田が2回、バックスクリーン左へソロを運ぶなど2打点。初戦白星に導いた。

 「久々に手応えがあった」と満足げ。中大時代は通算5発ながらパワフルな打撃がプロから高く評価されていた。解禁年の公式戦初戦で猛アピールし「プロに行きたい。打撃でチームに貢献していきたい」と笑顔を見せた。

Hondaは1-1で迎えた二回にプロ注目の松田進内野手(23)が中堅左に特大ソロ本塁打を放って勝ち越し、その後も加点し、3投手の継投で振り切った。

 岡野勝俊監督(41)は「苦しい展開は予想していた。継投は難しかったが、要所を締めてくれた。松田はファウルで粘って、よく打ってくれた。松田は7番だが、下位にああいう1本が出るのは大きい」と評価したが、松田は「打ったのは真ん中の真っすぐ。たまたまですが、久々に完璧な当たりだった。でも三塁の守備で(エラーなど)やらかしてしまったので…」と頭をかいていた。


PAGE TOP