三菱日立パワーシステムズ・伊藤優輔投手が148キロ、7回4安打無失点

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

三菱日立パワーシステムズの150キロ右腕・伊藤優輔投手が、この日の日大戦で先発し7回4安打無失点の好投を見せた。

社会人BIG4

伊藤優輔投手は都立小山台時代にセンバツ出場を果たし、中央大から三菱日立パワーシステムズに進んだ。今年2年目となりドラフト指名が解禁となる。

この日、日大とのオープン戦で先発をすると、最速は148キロを記録した。ストレートにカーブ、得意のフォークを絡め、7回4安打6奪三振で無失点、3四死球という内容だった。「カーブでうまくカウントが取れて、真っすぐで指のかかりもよかった」と納得の内容だった。

伊藤投手は高校時代から制球が課題で、中央大でも1年時から先発として投げる実力があったものの、制球の課題があって崩れる事もあり、なかなか勝ち切ることができない状態が続いた。しかし、4年生の秋に制球が安定すると3勝を挙げる好投を見せた。ドラフト直前での急成長という事もあり、プロ志望届は提出していなかったものの、もし出していたら指名があったかもしれないという投球だった。

そして三菱日立パワーシステムズでも昨年秋の日本選手権では3試合にリリーフで登板し、148キロを記録する球で好投を見せた。4年秋の好調をそのまま続けていた。

安定感があり計算できる投手となった。球速も150キロ近い球をコンスタントに投げており、今年の社会人投手では、トヨタ自動車の栗林良吏投手、Hondaの小野大夏投手、セガサミー・森井絃斗投手と並びBIG4という存在になる投手だと思う。

後藤監督は「長いイニングを考えていて、5回くらいまでかと思ったけど、球数が少なかったので7回まで行けた。次もこういう感じで」と話し、先発として信頼される投手となった。今年の活躍が楽しみでしかない。

2020年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

三菱日立パワーシステムズは、今秋ドラフト候補の最速150キロ右腕・伊藤優輔投手(23)が先発し、この日最速148キロの直球を中心にカーブ、フォークなどを絡め7回4安打3四死球6三振無失点に抑え、打線が敵失、四球で得た好機などで適時打を放ち、9安打で9点を奪った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント