鷺宮製作所・小孫竜二投手が10奪三振1失点完投で都市対抗本戦出場、岡崎監督「2位以内で行くつもりで」

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

都市対抗野球東京都2次予選では第1代表決定戦が行われ、鷺宮製作所がセガサミーに6−1で勝利し本戦出場を決めた。エースの小孫竜二投手が152キロを記録して9回を完投した。

スポンサーリンク

エース

まさにエースの働きだった。小孫投手はこの2次予選の初戦・JPアセット証券戦で、7回に登板し、3回1安打5奪三振無失点の素晴らしいリリーフ投球を見せた。中1日空いたNTT東日本戦では先発をして、6回2/3を6安打6奪三振3失点にまとめて勝利すると、少し日程の空いたこの日の第1代表決定戦にも先発した。

最速155キロの速球を投げる小孫投手、この日も強打のセガサミーに対して序盤から圧倒的な投球をする。4回まで3アウト目は全て三振を奪って抑えていくと、中盤にやや疲れを見せたものの、「よかった」というカーブを織り交ぜて組み立てていく。

8回にホームランを浴びて失点し、9回も2アウト満塁のピンチを背負ったが、球威はセットポジションでも140キロ後半を記録しており、最後は三振を奪って無失点に抑えた。9回7安打10奪三振1失点の素晴らしい投球だった。

小孫投手は遊学館高校時からエースとして注目されていたが、その時の控え投手だった石森大誠投手が昨年、中日にドラフト3位で指名された。また、創価大では望月大希投手、杉山晃基投手と共に注目されていたが、2人が指名を受ける中で指名されなかった。

昨年もドラフト候補に名前が挙がったものの指名はなく、今年は4度目のドラフト候補としてのシーズンを迎えている。鷺宮製作所の岡崎監督は「堂々と投げられるようになりましたね。去年はなかったことです。ことしは2位以内でいくつもりでやってくれと言っている」と話す。

小孫投手は軽く投げても140キロ中盤から後半を記録する力があり、カーブ、スプリットなどの変化球に制球力もよく、社会人野球のクラスでは力は抜きん出ている。インコースに厳しく投げることもできる。実力も経験も、そしてストーリーも十分ある。あとはドラフト会議で指名されるにはどうすればいいか、あと必要なものといえば、迫力や勢いのようなエモーショナルなものくらいしか思い当たらない。

都市対抗本戦ではおそらく、普段通り力をやや抑えても抑える力は十分あると思うが、その中でスカウトの感情を昂らせるような投球、思い切り腕を振り切って投げ、プロ入りの夢を叶えてほしい。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト指名漏れ155キロ右腕が1失点完投 鷺宮製作所、小孫竜二の快投で東京都第1代表【都市対抗野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇1日 都市対抗野球東京都2次予選 鷺宮製作所 6-1 セガサミー(大田スタジアム) 第1代表決定戦が行われ、鷺宮製作所が6―1でセガ...

ドラフト解禁だった昨年は指名漏れ。岡崎淳二監督(49)は「ことしは2位以内でいくつもりでやってくれと言っている」とエースをたたえた。

鷺宮製作所が2年ぶり16度目の都市対抗出場 東京第1代表掴み取る 右腕・小孫が7安打完投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 投打がかみ合い、鷺宮製作所がセガサミーに快勝。2年ぶり16度目の都市対抗野球の本戦(7月18日開幕、東京ドーム)出場を決めた。
鷺宮製作所2年ぶり16度目本大会出場 155キロ右腕小孫竜二10K完投/都市対抗東京都2次予選 - アマ野球 : 日刊スポーツ
鷺宮製作所が最速155キロ右腕・小孫竜二投手(24=創価大)の好投で、2年ぶり16度目の本大会出場を決めた。この日は150キロ台の直球に、「特に良かった」とい… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント