今日から関東地区大学野球選手権開幕、ドラフト候補など続々登場

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 今日より関東地区大学野球選手権が開幕する。埼玉西武ドラフト2位の平成国際大・佐野泰雄投手、千葉ロッテのドラフト4位、創価大・寺嶋寛大捕手、東北楽天のドラフト4位、白鴎大のルシアノ・フェルナンド選手の他、来年のドラフト候補、帝京大の西村天裕投手や、プロ志望をしなかった好投手も登場する。

ドラフトで指名された選手

 埼玉西武のドラフト2位・佐野泰雄投手は最速149km/hの速球を投げる左腕だが、投球術に注目したい。また白鴎大のルシアノフェルナンド選手は抜群の長打力があり、どんな選手がプロ入りするのかを確認したい。

 

ドラフトで指名されなかった選手

 プロ志望届けを提出して指名されなかった選手、または注目されながらプロ志望をしなかった選手、それよりもむしろこちらのほうが注目度が高い。

 東京情報大の小林慶祐投手は最速148km/hの速球を投げる注目投手だった。またリーグ戦で通算安打を131安打とリーグ記録を塗り替える活躍を見せた4年生の田村 和麻選手も注目される。また千葉リーグからは国際武道大の4年生・長谷川 拓真選手は今季打率.408で首位打者を獲得した強打者として注目される。

 関東学院大の中野 ジャスティン投手は高校時代から注目されていた投手だが、大学4年秋に148km/hの速球とフォークで素晴らしい投球を見せた。

 東海大も大学野球選手権で優勝に貢献した大城 卓三選手の抜群の打撃に注目したい。

 上武大の大谷昇吾選手はプロ志望届けを提出したものの指名をされなかった。日本通運入りが決まっているようで、上位指名ならプロ入りの縛りがあったのかもしれないが、小柄ながら抜群の長打力を見せるセカンドで、日通で活躍してプロ入りする選手だと思う。

 

来年以降のドラフト候補

 来年以降のドラフト候補では、東海大は吉田侑樹投手のほか、東海大相模のセンバツ優勝メンバーが来年のドラフト候補となる。成長をチェックしたい。また帝京大の西村天裕投手は最速154km/hを記録するパワーピッチャー。パワーがプロに通用するのか等に注目したい。

 創価大では春に大ブレークした2年生の田中正義投手が注目される。大谷翔平、藤浪晋太郎世代であり、二人のストレートと比べてもそん色のないストレートを投げる投手として、再来年の超目玉となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント