明治大も今年の主役に名乗り、現役、OBが活躍誓う

斉藤大将, 菅野剛士, 竹村春樹, 水野匡貴, 明治大

先日、亜細亜大の年となるか、現役3選手がドラフト注目の他、OBもドラフト候補そろうの記事で、亜細亜大が大学野球の主役になると紹介したが、昨年、東京六大学春秋連覇、明治神宮大会優勝と主役だった明治大が、今年も主役になることを誓った。

主役

この日は明治大の祝勝会が行われ、現役選手、OBなどが集まった。その中で星野仙一・楽天球団副会長があいさつをし、柳裕也投手(中日ドラフト1位)、星知弥投手(東京ヤクルトドラフト2位)、佐野恵太選手(横浜DeNAドラフト9位)、中道勝士選手(オリックス育成ドラフト5位)のプロのルーキーたちを激励した。柳投手には彼のピッチングなら15勝。それだけ勝てれば新人王だ」と話した。

柳投手は「そこまで甘い世界ではない。」と謙虚な姿勢を見せたが、「一つ一つ、頑張っていきたい」と決意を示した。

明治大は今年も水野匡貴投手、斉藤大将投手、竹村春樹内野手の3人がプロ注目のドラフト候補で、亜細亜大と同じく左右の両腕とチームを引っ張る内野手が注目されている。どちらの3人がドラフト会議で先に指名されるのか楽しみ。

またOBでも日立製作所の菅野剛士選手がドラフト候補として注目される。明治大時代は高山俊選手(2015年阪神ドラフト1位)、上原健太(2015年北海道日本ハムドラフト1位)、坂本誠志郎捕手(2015年阪神ドラフト2位)と共に主力として活躍をした。菅野選手は昨年の都市対抗で若獅子賞を獲得し、「高山も頑張ってるので自分も頑張らなきゃと思っていました。」とプロで頑張っている同期から刺激を受けていることを話した。

菅野選手は東京六大学リーグの2ベースの記録を作るなど活躍したものの、3人と同じくプロ志望したが指名漏れとなった。その悔しさをバネに社会人で着実に成長している。菅野選手の今年の活躍とプロ入りにも期待したい。

明治大も、現役が、またOBが社会人野球やプロ野球で活躍し、主役の座は渡さないという意気込みを見せる。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

OBを代表し壇上に上がった星野副会長は、明大から中日入りした直系の後輩へのエールを求められ「背番号は何番だ? 20番をもらえるようにしないと。彼のピッチングなら15勝。それだけ勝てれば新人王だ」とニヤリ。

昨年の都市対抗では新人4番として準優勝に貢献し、若獅子賞を獲得したことが評価された。「(明大同期で新人王を獲得した)高山も頑張ってるので自分も頑張らなきゃと思っていました。優勝に貢献できるよう頑張ります」と笑顔であいさつした。


PAGE TOP