189cmから147キロ左腕がパイロットへ、慶大・田中裕貴投手

慶応大, 田中裕貴

189cmから147キロの速球を投げる左腕・慶応大の4年生・田中裕貴投手は、ANAのパイロットになる。

スカウトも絶賛左腕

田中裕貴投手は、芝高校時代に長身から140キロの速球を投げる左腕としてドラフト候補として注目されていた。慶応大には一般入試で合格して入学、「3年秋の開幕前までに結果を残せなかったら辞める」と臨んだが、肩痛や腰痛に悩まされ、3年春までにリーグ戦で登板はなく、昨年秋の前にはもう一つの夢であるパイロットになることを決めていた。

しかし、その3年生秋に1試合に登板すると、4年生になった今年春には、自己最速となる147キロを記録した。189cmの左からのこの速球に、視察をしていたプロのスカウトも「長身・左腕・剛速球」とざわめいた。しかし、すでにパイロットになることを決断していた事はスカウトの耳にも届いており、惜しいと思いつつも獲得に動く球団はなかった。

慶応大の大久保監督も「本当にいいのか?」と進路について確認をしたが、決断を変える事なく、ANAに運航乗務職(自社養成パイロット)採用で内定を取った。田中投手は「本当に幸せでした。野球はやめますが、行きたい会社に入れるので今はワクワクしています」と話した。

もし、空港で日本人のひときわ大きなパイロットがいたら、それが田中選手かもしれない。慶応大では149キロの速球を投げた菊地恭志郎投手も伊藤忠商事に内定するなど、野球を継続する選手は今年は0人。かつては、東京六大学で31勝を挙げた左腕の志村亮投手が、プロ9球団から猛烈な誘いを受けたものの、「自分の目標に到達した」と三井不動産に進んだ。慶応大はこういう決断をする選手が多いのかもしれない。

慶応大4年生の進路(2018)


PAGE TOP