広島ドラフト1位・森下暢仁投手、DeNA3位・伊勢大夢投手が被弾し明治大ドロー

明治大, 伊勢大夢, 森下暢仁

東京六大学では明治大が最終戦のカードに臨み、広島ドラフト1位の森下暢仁投手が先発したものの、6回に3ランホームランを浴びてマウンドを降りた。

ドラフト指名投手がそれぞれ被弾

森下暢仁投手投手は、この日は最速148キロ止まりで「前回は制球がバラバラで球数も多かった」とやや抑え気味に投げ、5回まで2安打無失点と好投を見せていた。しかし6回、ヒットを許した先頭打者が盗塁死して安心したのか、続くバッターに四球を許すと、セカンドのエラーで2アウト1,2塁としてから、江藤選手に3ランホームランを浴び、ここで降板となった。

森下投手は、「走者を背負ってここで抑えるところで打たれている。ボールが中に入ってしまった。だめなところは早大戦の時と変わっていない。何か変化を加えないといけないと感じています」と話し、善波監督は「内容が悪いというか、そこまでボールも来てなかった。残念ですけどね」と話した。

明治大は石毛投手の後に、DeNAがドラフト3位で指名した伊勢大夢投手が登板する。伊勢投手はこの回を抑えると、7回は先頭バッターをファーストのエラーで2塁まで進まれたが、その後2者連続三振でこのピンチも抑えた。そして8回も者連続三振など3人で打ち取り、さすがの貫禄を見せた。

しかし9回、先頭バッターの三井選手にバックスクリーンを越えるホームランを浴びると、1アウト後に柴田選手にもホームランを浴びる。さらにヒットを許した場面で善波監督がマウンドに行くと、その後は2つのアウトを奪って抑えたが、5-5の同点に追いつかれてしまう。試合はそのまま延長12回、5-5で引き分けとなったが、善波監督は「あそこで2本打たれては、プロの左打者はとても抑えられない」と厳しい表情だった。

この日は広島の苑田スカウト部長が視察をしたが、「いつもとは違ったけど、何も心配はいらない」と話した。

2人ともに良い部分と悪い部分が出てしまった。森下投手は球数が多くなる試合が多いが、球数を少なくしようとすると、このように打たれることこれまでもあった。また伊勢投手は良い時と悪い時の差が大きいが、全体的にコントロールが甘い。ハマるバッターには甘くても抑えられるが、ちょっとでも球威がないとガタガタッと行ってしまう。

この日は引き分けとなり、大学野球はあと2試合か3試合。二人が最後にこれぞドラフト上位選手というピッチングを見せてくれるか注目したい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

試合後の森下は「走者を背負ってここで抑えるところで打たれている。ボールが中に入ってしまった。だめなところは早大戦の時と変わっていない。何か変化を加えないといけないと感じています」と言い、チームも5点リードを守れずに延長戦の末に引き分けに終わる

試合は延長12回引き分け。28日の3回戦が学生最後の登板となる可能性が高い。善波達也監督は「球が来ている感じはなかった」と奮起を促したが、広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「何も心配はいらない」と話した。

善波達也監督(57)は、わずか73球で降板の森下について「内容が悪いというか、そこまでボールも来てなかった。残念ですけどね」と渋い表情。森下は「抑えないといけない場面。申し訳ない。(本塁打は)中に入ってしまった」と振り返った。これが大学ラスト登板の可能性もあったが、第3戦までは確定し「最後だと思ってマウンドに上がったので、全部ゼロに抑えたかった。(今後も登板?)はい、もちろん」と第2戦以降の登板へ気持ちを切り替えていた。


PAGE TOP