大商大・吉川貴大投手がオリックス2軍を完封、147キロ記録

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース プロアマ交流戦 オリックスドラフトニュース

大阪商業大はオリックス2軍と交流戦を行い、最速149キロ右腕の吉川貴大投手が9回を6安打8奪三振でプロを完封した。

阪神戦に続き好投

初回、吉川貴大投手は最速147キロを記録し、カーブとフォークを織り交ぜて先頭バッターの根本選手から見逃し三振を奪う。その後も抜群のコンビネーションで5回まで三塁を踏ませない投球を続けた。6回にはノーアウト満塁の場面でオリックスの中軸を迎えるが、飯田、大下、稲富を抑えて無失点、7回にも2アウト満塁から広沢を空振り三振に取った。

失点するまでは交代をさせないという監督の方針で9回144球を投げ、6安打8奪三振で2軍とは言えプロを完封した。「1イニング1イニング必死でした。自分で抑えたいという気持ちが強かった。この結果は自信にしたいです」と話した。チームには昨年まで大西広樹投手(東京ヤクルトドラフト4位)、橋本侑樹投手(中日ドラフト2位)がおり、吉川投手はまだ大学のリーグ戦で1勝もしておらず、自信をつけるための大きな完封劇となった。

対戦したオリックスは三輪コーチが指揮をとったが、「情けないが、速球とカーブにてこずりました」と話し、吉川投手を讃えた。この日は無観客試合でスカウトの入場もできなかった。その中で好投した吉川投手はプロ志望について聞かれると、「先のことは考えていない」と答えたものの、先日の阪神2軍との交流戦でも5回2安打無失点の好投を見せており、プロを相手に好投を見せた。

リーグ戦でエースのピッチングができ、できれば150キロの大台に乗せたい。この春の好投は必ず秋につながる。実戦的な投球をする右腕としてプロの視線も熱くなるだろう。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

まずは初回、先頭の根本から見逃し三振を奪うなど、三者凡退と最高の立ち上がりを見せた。二回にはこの日最速の147キロをマーク。威力のある直球に加え、冬場に磨き上げたカーブとフォークを駆使し、五回までは三塁を踏ませなかった。

 2度招いた満塁のピンチも切り抜けた。六回無死満塁では飯田、大下、稲富の中軸をピシャリ。七回2死満塁でも広沢を空振り三振に斬った。「抑えるという思いしかなかった」と冷静さを欠くことはなかった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スカウトは入場できない中での快投。5日に阪神2軍とのプロアマ交流戦でも5回無失点でプロ相手に14イニング無失点を続けており、右腕への注目度はさらに高まりそうだ。

笑顔の吉川は関西六大学リーグで未勝利。1学年上の中日D2位・橋本、ヤクルトD4位・大西のWエースがいたため、白星には恵まれなかった。冬場の30メートル投球でカーブのコツをつかみ、一気に成長。オリックスの指揮をとった三輪育成コーチも「情けないが、速球とカーブにてこずりました」と脱帽した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント