九州の大学監督、選手獲得「大変困難」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

九州産業大の大久保監督、福岡大の堀監督なども、高校生選手の獲得について難しい状況を語っている。

スポンサーリンク

新入生の勧誘も大変困難な状況

侍ジャパン大学代表の監督も務める、九州産業大の大久保監督は「春から高校生の大会を全くやっていないので、選手を見に行くこともできない。野球での推薦入試には、各大学とも九州大会とか、注目選手として新聞や雑誌などで客観的評価を受けた選手という条件がある。」と話し、「今年はその条件をクリアできない。新入生勧誘も大変困難な状況だ」と話した。

また福岡大の堀監督も「有力な選手を見に行くこともできず情報もない。高校の指導者の方からも問い合わせの連絡をいただくが、現状では何とも答えようが無い」と話した。

九州の大学監督、選手獲得に悩む 西日本スポーツ紙面 2020/5/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント