日本体育大・森博人投手が150キロ台連発、ヤクルトなど3球団が視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース

日本体育大と中央大がオープン戦を行い、プロ注目の155キロ右腕・森博人投手が150キロ台を連発した。

スポンサーリンク

2回3失点も

森博人投手はこの日、4回に2番手で登板すると、中央大の4番でドラフト上位候補の牧秀悟選手に151キロのストレートでファーストファウルフライにに打ち取った。

5回は四球から崩れ、2回を投げて4安打3失点と内容は良くなかったが、再び回ってきた牧選手との対戦では、この日最速の152キロのストレートで空振り三振を奪った。失点は多かったものの、ストレートは150キロ台を6度計測し、「ボール自体は球速も出て良かった。配球面を改善していきたい」と話した。

牧選手や五十幡亮汰選手も出場しているという事もあり、東京ヤクルトなど3球団のスカウトが視察をしたが、この日は失点などは関係なくまずはストレートを思い切り投げる事がテーマで、「思い切り投げられた」と話した。

9月19日に開幕するリーグ戦に向けて、変化球などを調整して行き、リーグ戦では結果も見せたい。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

五回に四球から崩れて2回3失点となったが、「いいボールは投げられた」と19日開幕の首都大学秋季リーグ戦へ調整は順調だ。バックネット裏にはヤクルトなど3球団スカウトが集結。

3回は151キロの直球で一邪飛に抑えると、5回はこの日最速の152キロの直球で三振に斬り、スタンドで視察した3球団スカウトに自らの力を示した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント